『大学と専門学校の就職および資格取得状況比較 調査報告』 Vol.2

PR TIMES / 2012年12月7日 14時23分

就職難が慢性化し、家庭の経済状況も厳しい時代における適切な進路選びとは?

高校生の進学・就職をサポートする NPO法人高校ネットワークでは、昨年に引き続き、2012年3月卒業者のデータをもとにした大学と専門学校の就職率や資格取得状況について調査レポートを作成いたしました。
調査項目は、「就職率」「公務員就職者数」「公認会計士合格者数」。就職や資格取得といった場面において、専門学校は大学と比較しても高いレベルにある事が改めてうかがえました。



高校生の進学・就職をサポートする NPO法人高校ネットワーク(東京都新宿区/代表:赤岡広章)では、昨年に引き続き、高校生の進学率や大学生の就職率に関し多くのデータを持つ「株式会社 大学通信」と商業・実務系専門学校の最大手である「学校法人 大原学園」の協力を得て、2012年3月卒業者のデータをもとにした大学と専門学校の就職率や資格取得状況について調査レポートを作成いたしました。


≪不況により慢性化する就職難、家計の教育費にも影響が ~ 適切な進路選びがますます重要に≫

 長引く不況は、若者の就職難を慢性化させています。2012年11月に開催された若者雇用戦略推進協議会における内閣府の報告によると、2012年3月に大学を卒業した56万人のうち約12万人が就職も進学もしなかったか、アルバイトなどで生活しています。

 家庭の教育費にも影響を与えています。文部科学省の発表によると、2012年度の日本学生支援機構の奨学金の貸与人員数は134万人で、1998年度の50万人からわずか十数年間で2.6倍以上に増加しています。学費の滞納や、経済的な理由による中退者が増加傾向にあるという話も多く耳にします。

 こうした状況下では、単に大学に行けば良いというのではなく、適切な進路選びがますます重要です。


≪大学か専門学校か? 就職状況や資格取得状況を比較≫

 今回も、大学と同時に専門学校への進学を検討する高校生や、再度専門学校に進学して就職や資格取得を目指す大学既卒者・中退者の方々に有益なデータとなるよう、大学と専門学校の比較を行いました。具体的には、大学文系学部の中で最もメジャーな存在といえる関東・甲信地区の大学の商・経済・経営系学部の就職率、公務員就職者数、そして代表的な国家資格である「公認会計士」の合格者数を、前回と同様、同系統の設置コースを持つ「学校法人大原学園」の実績と比較検討します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング