業界初!日本でグアム用4G LTEのWi-Fiルーターをレンタル開始

PR TIMES / 2012年12月14日 16時35分

テレコムスクエアが高速データ通信商品を7地域に拡充

国際モバイル通信機器レンタルサービス最大手の、株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹 雄次、以下当社)は2012年12月14日、モバイルWi-Fiルーターレンタル「Wi-Ho!(ワイホー)」にグアム専用の4G商品を追加します。通信スピードは理論値で従来の3Gの18倍。料金は、従来価格の据え置きで1日1,200円の定額制。長期利用の場合は、最低1日633円となります。日本で受取/返却ができるグアム専用の4G商品は、モバイルレンタル業界初です。



【本リリースのポイント】

1.従来の当社商品の18倍のスピードで据え置き価格
2.人気観光地であるグアムで使える
3.日本の空港で受取/返却ができるグアム4GWi-Fiレンタルは業界初


■従来の当社商品の18倍のスピードで据え置き価格
新商品のデータ通信速度は、理論値で下り最大37.5Mbps、上り最大12.5Mbp。従来の当社3G回線(下り2.0Mbps、上り384kbps)と比較し、下りで18倍スピードが向上します。当社の調査では、下り5-8Mbpsが計測されています。
今回、当社のグアム用Wi-Fiルーターをすべて3Gから4Gに切り替えます。利用可能エリアは3Gと同じ広さながら、タモン地区、タムニン地区、デデド地区、シニャハナ地区、ハガニア地区などのエリアで4Gが使えます。
料金は、従来価格の据え置き1日1,200円の定額です。長期利用での割引があり、7日・15日間利用では1日あたり1,000円、30日間利用では633円で提供します。国内の携帯電話会社の海外パケット定額プランは、二段階定額で最大2,980円かかるため、約60%パケット代が安くなります。また、他社の一般的なレンタルWi-Fiルーターサービスは、受取や返却の際に手数料がかかりますが、当社のサービスでは手数料が一切不要です。


■人気観光地であるグアムで使える
日本旅行業協会によると、グアム・サイパンの今年12月の旅行予約は前年比3倍となっており、例年より多い渡航が見込まれます(※)。グアム観光の中心地であるタモン地区や、首都ハガニア地区なども4Gが利用できるため、旅行者はより素早く多くの観光情報を収集できます。
また、Wi-Fiルーターの特長として、スマートフォンやタブレット端末など、最大5台のWi-Fi対応機器に接続することができるため、家族や友人とシェアして使うこともできます。
※日本旅行業協会「2012年海外パッケージツアー7月~9月実績と2012年10月~12月予約状況」2012年10月24日

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング