女性のお部屋選び、“こだわりポイント”と“見られるポイント” 満足度に大きな違い、女性のお部屋選びのポイントは「キッチン」 作業スペース、ながら作業、収納・・・、女性が求めるキッチンとは!?

PR TIMES / 2013年1月22日 13時54分

東急リバブル株式会社(代表取締役社長:中島美博、本社:東京都渋谷区)では、引越しの増えるこれからの季節を前に、20代後半および30代の女性にフォーカスして「理想のお部屋選び」に関する調査を実施しました。本調査からは、女性のお部屋選びにおける“キッチン”の重要性が明らかになりました。




■ 女性のお部屋選びのポイントは・・・、成功のカギは“キッチン”にあり!


東急リバブルでは、賃貸物件の窓口の担当者の77%が女性社員です。ご来店いただいた女性の方からは、同性の担当者ということもあり、相談しやすいという声をいただいています。お部屋選びにおいては、セキュリティなど、女性ならではの悩みもあり、同じ視点からより親身なアドバイスができる女性のメリットは、非常に大きいと考えています。
今回は、こうした女性のお部屋選びにフォーカスして、“一人暮らし”の人と“パートナーとの二人暮らし”の人との意識の違いに注目しながら、「イマドキ女子のお部屋選びに関する意識・実態調査」を行いました。


[調査概要]

調査名:イマドキ女子のお部屋選びに関する意識・実態調査
調査期間:2012年12月10日(月)~2012年12月13日(木)
調査方法:インターネット調査
調査対象:25歳~39歳の女性 500名
※一人暮らしの女性:250名、パートナー(配偶者・交際相手)と二人暮らしの女性:250名


はじめに、現在住んでいる部屋を選んだ際に、女性が「実際にこだわったポイント」について聞きました。この質問に対して多かった回答の上位3つは、一人暮らしの人では、「家賃」(62%)、「駅・エリア」(55%)、「最寄り駅までの距離」(43%)。二人暮らしの人では、「間取り」(52%)、「駅・エリア」(50%)、「家賃」(46%)という結果に。若干の順位の違いはあったものの、いずれも「家賃」を気にしながらも、「立地の良さ」や「間取り」にこだわりをもって部屋を選んでいるようです。
一方で、知人女性の部屋を訪ねた時のことについても聞いてみました。「女性の部屋を訪れた際、女子力が高いと感じたり、素敵だと思うのは、部屋のどの部分を見た時ですか?」と聞いたところ、上位2項目には、「リビング」と「キッチン」が73%で並びました。これらについては、「実際にこだわったポイント」に関する質問では、上位には選ばれませんでしたが、知人を自宅に招いた際にその人の部屋の印象を決めるポイントと言えそうです。
そこで、今回は、この内の「キッチン」にフォーカスし、さらに詳しく調べてみました。
まず、部屋の満足度への影響を探りました。今回の調査対象の方に、現在住んでいる部屋の満足度を100点満点で聞いたところ、その平均値は「64.7点」。この満足度について、現在住んでいる部屋のキッチンに“満足している人”と“不満がある人”とで、その違いを比較しました。
その結果、“キッチンに満足している人”の満足度の平均値は「75.5点」だったのに対し、“キッチンに不満がある人”の平均値は「54.6点」にとどまりました。両者の差は20点以上。“キッチン”は、住んでいる部屋全体の満足度に大きな影響を与えていることが明らかになりました。
お部屋選びの際、「キッチン」についてもこだわって選ぶことは、女性のお部屋選びにおける成功のカギと言えるでしょう。


■ 9割が「もっとキッチンにこだわりたい」、キッチンにおける悩みとは・・・!?


女性のお部屋選びにおける重要性が明らかになった「キッチン」について、より詳しく調べました。
まず、「もっとキッチンにこだわりたいと思いますか?」と聞いたところ、「とてもそう思う」と答えた人は53%で、過半数にのぼります。また、「まあそう思う」と答えた人も36%で、全体の89%がもっとキッチンにこだわりたいと思っていることが明らかになりました。
それでは、女性たちは、キッチンのどのような点について、もっとこだわりたいと思っているのでしょうか。「現在のキッチンにおける悩み」を調べました。ここで最も多かった悩みは、「調理スペースが狭い」(55%)で、女性の半数以上が問題点として抱えていることが分かりました。お部屋選びの際は、調理スペースの広さをチェックすることが1つのポイントのようです。また、その他には、「“ながら作業”をしにくい」(42%)、「収納スペースが小さい」(34%)、「複数人数で作業ができない」(27%)といった悩みが多くあげられました。


■ 女性が求めるキッチンは・・・、楽しい時間を実現するキッチン


そこで、最後に、「理想のキッチン」について自由回答で聞きました。ここでは、「動線が機能的で明るいキッチン。生活観が出ないよう、収納豊富。(栃木県・一人暮らし・28歳)」といったキッチンの機能面を重視する人も見られましたが、「リビングでくつろぐ彼氏と会話を楽しみながら料理したい。(千葉県・一人暮らし・26歳)」、「アイランドキッチンで、2人と言わず、みんなで輪になって調理などができたら、友達も呼べて楽しいと思います。(広島県・二人暮らし・35歳)」というように、毎日の料理をより楽しくできるようなキッチンや、ホームパーティーなどの特別な時間を楽しめるようなキッチンに対して、多くの支持が集まりました。
キッチンには、生活の基礎となる“食”を支える機能がもちろん求められますが、それだけにとどまらず、生活にプラスαの彩りを加える機能まで求める女性が多いようです。家賃やエリアのほかにも、キッチンで決めるお部屋さがしもひとつの方法かもしれません。


◆特設Webページ公開中 「イマドキ女子に聞く!お部屋事情 女子力を上げるお部屋とは!?」


本調査では、女性のお部屋選びにおけるキッチンの重要性が明らかになりました。東急リバブルでは、今回の調査対象とした、「一人暮らしの女性」、「パートナーと二人暮らしの女性」のモデルとなる4名の女性に加え、「働く女性」の代表として人気ブロガーの伊藤春香さんに、本調査の調査結果を見ていただいた上で、意見交換をしてもらいました。この意見交換会の様子は、東急リバブルの特設Webページにて公開中です。より等身大の女性のお部屋選びに対する意見や悩みをご覧いただけます。
今回、「働く女性」の代表として参加してもらった伊藤春香さんは、8冊の著書を持つ有名ブロガーです。「はあちゅう」という愛称で活躍し、同世代の女性からの支持も厚い彼女。現在は会社員として働きながらも、イベント運営、講演、執筆活動など、様々なメディアで幅広く活躍しています。今回の企画では、仕事もプライベートも全力投球な彼女にも、「女性にとって、どんなお部屋が理想的なのか」、同世代の女性たちと一緒に考えてもらいました。
さらに、本ページの最後には、東急リバブルの賃貸物件の窓口担当者による、お部屋選びのポイントも紹介しています。お部屋選びの際には、是非こちらのWebページを一度ご参考にしていただければと思います。


URL:http://livable-chintai-girlstalk.net/


※伊藤 春香(はあちゅう) プロフィール
1986年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。
在学中に「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、女子大生カリスマブロガーと呼ばれる。著書は翻訳版を含めて8冊になり、自身の新入社員時代を描いたエッセイ「アドガール 大手広告代理店新人日記」が好評発売中。2012年8月25日には書籍「自分の強みをつくる」がディスカヴァー21から発売。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■このリリースに関するお問い合わせや取材、資料ご希望の方は下記までご連絡ください■

トレンダーズ株式会社  http://www.trenders.co.jp

担当:川浦(かわうら)  TEL:03-5774-8871/FAX:03-5774-8872/mail:press@trenders.co.jp

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング