わかものの一番の悩みは“自分がどんな仕事をやりたいか分からない” ナビゲーターの剛力彩芽さんが求職者にエール

PR TIMES / 2013年1月17日 14時32分

2013年1月17日 わかもの就職応援キャンペーン開始

 厚生労働省では、次代を担う若者の雇用・生活の安定を図るべく、新卒者・既卒者(3年以内)及びフリーター・ニートなどの方々が自分にあった職に就けるよう様々な支援をしております。この度、その取り組みを広く知っていただき、少しでも助けとなるために政府広報では、女優の剛力彩芽さんをナビゲーターに起用して、「わかもの就職応援キャンペーン」を今年1月17日より展開いたします。



【若者雇用の背景】
 若者(15~24歳)の完全失業率は、8.2%(平成23年平均・補完推計値)と、依然として全年齢(4.9%)に比べて相対的に高水準で推移しています。フリーター数についても、平成15年の217万人をピークに5年連続で減少したものの、平成21年からは増加に転じ、厳しい状況にあります。
一方で、中小企業の有効求人倍率は3倍以上となっており、雇用のミスマッチが起きているという現実もあります。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

問題点1.「非正規雇用」
・日本では新卒一括採用という慣行
 →学校中退者、未就職卒業者は新卒者と比べ、応募機会が限られ就職するのが困難。フリーター等の非正規雇用に留まる可能性
・非正規雇用期間が長期化
 →スキル・キャリアを積む機会が無く、ますます就職が難しくなる
(例:就職氷河期に職に就けなかった若者達)


問題点2.「中小企業のミスマッチ」
・中小企業の大卒有効求人倍率は3倍以上。一方で学生側は大企業志向が強い。(0.73倍)
 →将来を支える若者が安定的な職に就けなくなり、適切なキャリアを積むことが困難になる。
 →中小企業では定員割れが起こるなど、良い人材の確保が困難になり、経済成長に影響を及ぼしかねない。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング