省エネルギーの新たな展開に向けた新ロゴ「エネマネ」の発表

PR TIMES / 2013年1月30日 19時59分

 一般社団法人 環境共創イニシアチブ(代表理事 赤池 学)は、2013年1月30日(水)東京ビッグサイトで開催中のENEX2013において、省エネルギーの新たな展開のキーポイントであるエネルギーマネジメントを推進するため、新たなロゴ「エネマネ」を発表しました。



 新ロゴは我が国のエネルギー問題解決の切り札である「エネルギーマネジメント」が、

企業はもちろん、一般の方にとっても身近な存在となるように、親しみやすさを第一にシンプルなものとしました。

また、エネルギーマネジメントによって、人やものをはじめとして、様々な媒体が繋がりあうことを表現しています。


「エネマネ」には現在5つのジャンルのエネルギーマネジメントシステムがあり、

この度全てのジャンルにて、ロゴの開発を行いました。


【1】家庭のエネルギーマネジメントシステム・・・HEMS=ホーム・エネマネ
【2】ビルのエネルギーマネジメントシステム・・・BEMS=ビル・エネマネ
【3】マンションのエネルギーマネジメントシステム・・・MEMS=マンション・エネマネ
【4】工場のエネルギーマネジメントシステム・・・FEMS=ファクトリー・エネマネ
【5】スーパーや小売店などのエネルギーマネジメントシステム・・・SEMS=ストア・エネマネ


 環境共創イニシアチブでは、ENEX2013にて、新しいロゴの発表と共に、「HEMS」と「BEMS」に加え、

非常用電源などで注目を浴びる「リチウムイオン蓄電池」に対する補助金事業のプレゼンテーションを行いました。


 電力の価格高騰だけでなく、地球温暖化や東日本大震災などの影響で、

エネルギーに対する意識が高まっている今、環境共創イニシアチブは、「エネマネ」のロゴを開発することにより、

幅広い企業や一般の方に対して、エネルギーマネジメントの重要性・必要性について理解向上に努めるとともに、

これらの活動を通して、省エネルギーの推進に貢献して参ります。


【補足資料】
2013年1月30日(水)「ENEX2013」内でのプレゼンテーション登壇者より。


■経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部長 新原浩朗さんコメント

現在の日本の電力問題を解決する方法の一つとして、エネマネは重要だと感じています。

今回のロゴは「EMS」の文字が繋がったデザインになっておりますが、そのコンセプト通り、

家やオフィスなどの電気を効率よく繋げて使用していくことで、限りある資源をより発展させていきたいと思っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング