PMシリーズの魅力を小型ボディに詰め込んだパーソナル・アクティブスピーカー・システムPM0.1と、定番人気のスピーカーPM0.3にベストフィットするアクティブ・サブウーハーPM-SUBminiを発表

PR TIMES / 2014年2月4日 14時29分

~FOSTEXが、その技術の粋を惜しげなく注ぎ込みながらも、コンパクトなサイズ感とお求めやすい価格帯を実現したPMシリーズ、その新製品2つが1月下旬に発売予定~

放送局のモニタースピーカーに採用されたのをはじめ、スタジオや放送局などプロの現場で高い信頼を得ているFOSTEXは、PMシリーズの魅力をコンパクトなボディに詰め込んだパーソナル・アクティブスピーカー・システムPM0.1、そして定番人気の高音質スピーカーPM0.3にベストフィットするアクティブ・サブウーハーPM-SUBminiを発表しました。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■ パーソナル・アクティブスピーカー・システムPM0.1


手軽でコンパクトながらも、パワフルなサウンドを実現

PM0.1は、86mm(幅)×175mm(高さ)×120mm(奥行き)とPMシリーズでもっとも手軽でコンパクトなパーソナル・アクティブスピーカー・システムです。5.5cm(2.2インチ)口径のグラスファイバー振動板のフルレンジユニットを搭載しており、クリアな音質とフルレンジならではの優れた音場再生を実現しています。また、小型の筐体ながらもパワフルなサウンドが特徴。FOSTEXのHiFiスピーカーであるGXシリーズと同じく内部にブーストマグネットを搭載し、さらにはリアバスレフ方式を採用したことで、小音量でも引き締まった低音を再生することができます。FOSTEXが得意とする木工キャビネットを使うことによって、自然な音の広がりも実現しました。


[PM0.1 WEBページ]
スペシャルサイト: http://www.fostex.jp/pm/pm01/
商品ページ: http://www.fostex.jp/products/PM01


シンプルな操作性、そして省電力設計

PM0.1は、アクティブスピーカー(右側)とパッシブスピーカー(左側)の2つでワンセットの構成です(付属の1.5mスピーカーケーブルで左右を接続)。アクティブスピーカーには5W+5Wアンプを内蔵し、出入力やボリュームなどをすべて集約したことで、シンプルな操作性を実現しています。また、約15分間信号が入力されない状態が続くと、オート・スタンバイ機能が動作。0.5W以下まで電力消費を抑え、再び信号が入力されると通常動作状態に戻ります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング