こどもの将来のために、親がしてあげられる3つのこと

PR TIMES / 2013年3月13日 9時17分

多様化する「こどもの教育」に悩める両親へ : 変わる親の教育観。 目先の学力より“将来性づくり”重視の傾向に :初等教育の権威 立命館大学 教育開発推進機構 陰山英男教授 監修

 新入学や進級など春の新生活へ向けて動き出すこの時期、早期教育志向の高まりや教育環境の変化に伴う、親たちの考え方を調べるため、マーケティング&リサーチ会社である株式会社シタシオンジャパンは、初頭教育の権威 陰山英男氏(立命館小学校副校長兼任)監修の下、「就学目前&小学校低学年の子を持つ母親の“教育”に関する調査」を実施しました。
 その結果、「勉強ができる」「受験に勝ち抜く力」よりも、将来性を見据えた「社会を生き抜く力」を重視する母親が多いことがわかりました。さらに「社会を生き抜く力」を教育していく上でどのように教えたらよいか、その教育法に悩みを抱いており、これを受けて陰山教授は社会を生き抜くために重要なポイントを「目的設定力」「本質を見抜く理解力」「学び続ける姿勢」の3つにまとめ、家庭で取り組める具体的な教育方法を提案しました。



■受験に向けた学力向上よりも、「社会を生き抜く力」重視の母親が9割!

 まず、子どもの教育において重視している価値観について尋ねました。その結果、「勉強ができる、受験に勝ち抜く力」よりも、「メシが食える力」という言葉に象徴される「社会を生き抜く力」を重視する母親が93.7%と大半を占めることが明らかとなりました。【図表1】

 さらに、教育方針に関する重視点では、「面倒くさいことや難しいことでもあきらめない姿勢」や、「特定せず幅広い知識を身に付けさせること」などが高く選ばれており、その内容からも「社会を生き抜く力」を重視していることがわかります。【図表2】
 社会人として様々な経験を積んだ親が持っている不安を反映し、いかなる環境でも強く、たくましく、社会を生き抜いていくために必要な能力を子どものうちから身につけてほしいという親の意識が伺えます。


■「社会を生き抜く力」を身につけさせる教育に“自信が持てない”母親が6割以上!

 「教育について自信を持っているか」を聞いたところ64.8%の母親が「自信がない」と回答しました。【図表3】

同じ質問について教育志向別で見ると、「勉強ができる、受験に勝ち抜く力」よりも、「社会を生き抜く力」を重視する母親ほど、自分の行っている教育に自信を持っていない傾向がわかります。【図表3-a , 図表3-b】

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング