世界の自動車人気色ランキングでホワイトがトップの座を守る

PR TIMES / 2013年3月27日 13時43分

ホワイト/ホワイトパールが2年連続で世界の自動車色の人気ランキングを制し、ブラック/ブラックエフェクトが第2位に躍進しました。一方、シルバーは第3位に後退しました。



デュポン パフォーマンス コーティングス合同会社 (社長:紙谷忠幸 本社 東京都千代田区)は今年で、創刊60周年を迎えるデュポン世界自動車人気色調査報告書を発表致しました。自動車産業向けのこの種の報告書としては最大の規模と最長の歴史を誇っており、全世界での自動車色の人気ランキングと世界の主要自動車市場地域(11地域)のトレンドが示された唯一の報告書です。

ホワイト/ホワイトパールは、2012年にヨーロッパで人気ナンバーワンとなり、北米(米国とカナダ)、日本、韓国、ロシア、南アフリカとメキシコでも一番人気でした。また、世界市場全体の23%を占める色となったことも2012年のデュポン報告書で明らかになっています。
この10年間、ホワイトは、自動車人気色ランキングで重要な位置を占め、他の消費者製品でも世界的に幅広い存在感がありました。また、この期間におけるホワイトの人気は、全車種で明確に示されています。ただし、歴史的に見ると、ホワイトはトラック部門で最も人気の高い色であり、ホワイトが高級車部門に進出できたのは、これまでのパール系ホワイトの進化の結果といえます。
デュポンのカラーマーケティング担当マネージャーのナンシー・ロックハートは、次のように話しています。「ホワイト系トリコートは、世界の製造拠点での導入が容易になり、さまざまな車種で高い品質とバリューを生み出しています。これまでのホワイトのソリッド色は、バニラホワイト、ストーンホワイトでしたが、現在はブライトホワイトが好まれています」。
ブラック/ブラックエフェクトは、中国で最も人気のある自動車色ですが、世界ランキングでは第2位で、全世界の自動車色に占める割合は21%です。世界ランキングで第3位だったのがシルバーで、世界の自動車市場でのシェアを昨年の22%から18%と4ポイントも落としましたが、南米、ブラジルとインドではトップにランクされています。
「シルバーの人気は、デジタル時代が始まった2000年から2006年がピークでした。現在では、経済が安定し始めて、高級車の購入台数が増えてきています。世界のいくつかの最重要市場では、ブラック/ブラックエフェクト塗装の自動車が高級なステータスシンボルとされています」とロックハートは話しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング