~主人公は、あなた!?~LUX SOCIAL MANGA キャンペーンサイト(URL:http://www.lux-manga.jp)にて、2013年2月14日(木)より開始

PR TIMES / 2013年2月14日 10時26分

~桜沢エリカ、おかざき真里、ひうらさとる 人気マンガ家3名による初コラボレーション~Facebookとの連携で、あなた自身が登場する世界に1つのソーシャルマンガが誕生

ユニリーバ・ジャパン株式会社が展開する、ヘアケアブランド“LUX (ラックス)”では、有名マンガ家が描くマンガの中に、自分自身が登場する“デジタルマンガジェネレーター”、『LUX SOCIAL MANGA』(URL:http://www.lux-manga.jp)を2013年2月14日(木)より開始いたします。
※本コンテンツはプライバシー保護のため、ユーザーとユーザーのFacebook上の友人のみが閲覧できるようになっています。





 『LUX(ラックス)』は、「揺るぎない輝きをあなたに」をコンセプトに、トータルビューティブランドとして、1899年に英国で誕生。ブランドの名は、高級・豪華などを意味するLuxury(ラグジュアリー)に由来。誕生から100年以上の時を経た今でも、世界50ヶ国以上で販売されており、その高品質さとエレガントな香りで多くの女性たちに愛されているブランドです。
 2月14日(木)より展開する『LUX SOCIAL MANGA』(URL:http://www.lux-manga.jp)は、マンガの中にユーザー自身が登場できる、“デジタルマンガジェネレーター”です。Facebookと連携してプロフィール情報を反映させることで、ユーザーの名前がマンガに出てきたり、ユーザーのFacebook上の写真がマンガに登場する等、よりリアルな世界がマンガを通して楽しめるコンテンツとなっております。
 この度、マンガの執筆を手掛けるのは、20代女性から圧倒的な支持を得る、桜沢エリカ先生、おかざき真里先生、ひうらさとる先生の3名です。 『天使』でおなじみの桜沢先生は、今回オリジナル作品の描き下ろしで参加。 『サプリ』のおかざき先生、 『ホタルノヒカリ』のひうら先生は、映像化もされた人気作品の番外編を描き下ろしているので、原作ファンにとってもストーリーの続きを楽しめる内容となっております。               
 『LUX SOCIAL MANGA』は、人気マンガ家が描くマンガを通して、LUXの世界観を訴求していきます。

【LUX SOCIAL MANGA 概要】

■キャンペーン名:LUX SOCIAL MANGA ■URL:http://www.lux-manga.jp

■期間:2013年2月14日(木)~2013年8月末(予定) ■参加マンガ家:桜沢エリカ、おかざき真里、ひうらさとる

【マンガ家プロフィール】

1.桜沢エリカ先生

10代でデビューして以来、コミック誌やファッション誌、WEBなど多方面で活躍中。『メイキン・ハッピィ』で人気を不動とし、代表作のひとつ『天使』が映画化。最新作のイラストエッセイ『エリカの偏愛クローゼット(メディアファクトリー)』が好評。 www.facebook.com/ericasakurazawa

2.おかざき真里先生

広告代理店へ勤める中、1994年にデビュー。その後も漫画家・イラストレーターとして活躍。美しい絵柄と幻想的な雰囲気のあるストーリーには定評があり、代表作『サプリ』はドラマ化されている。現在も祥伝社「FEEL YOUNG」にて『&』を連載中。

3.ひうらさとる先生

‘84年のデビュー以来、女性コミックの第一線で活躍。‘10年には代表作『ホタルノヒカリ』がドラマ化され“干物女”ブームを巻き起こした。現在、講談社「Kiss」誌上で『うらら』連載中。発起人を務める東日本大震災復興企画『ストーリー311』が3月11日に発売予定。

【ご参考:LUX製品概要】

毛先までうっとりする指どおりへ。

■商品名: ラックス スーパーリッチシャイン シャンプー / コンディショナー                 

ラックス スーパーダメージリペア シャンプー / コンディショナー                       

■容量:450g / 280g(自分専用サイズ) ■価格:オープン価格       

毛先1cmまで瞬間!密着補修。

■商品名: ラックス スーパーリッチシャイン 美容液トリートメント       

“ゴワつく・広がる髪に” / “コシがない・からまる髪に”

ラックス スーパーダメージリペア 集中補修トリートメント                          

■容量:180g ■価格:オープン価格                                                 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング