フランスより初来日 ノートルダム・ド・パリ 2月27日(水)~3月17日(日) 東急シアターオーブにて上演!

PR TIMES / 2013年2月18日 17時21分

============================
フランスより初来日
ノートルダム・ド・パリ
2月27日(水)~3月17日(日)  東急シアターオーブにて上演!
http://www.harmonyjapan.com/ndp2013/
============================




------------------------------------------------------------------------------------------------------
『レ・ミゼラブル』のヴィクトル・ユーゴーが描く、もう一つの愛の物語――。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
今年度アカデミー賞にノミネートされ、大ヒットを記録している映画「レ・ミゼラブル」の
原作者ヴィクトル・ユーゴーが描く、もうひとつの愛の物語がミュージカルとなって登場いたします!
フランス・パリ初演で社会現象を巻き起こして以来、これまでに15カ国で上演され、800万人が涙した
と言われる大ヒット作です。
シンガーとダンサーがそれぞれ一流の技を繰り広げながら、作品として見事に一体化した、フランス
ならではの芸術性の高さが評価されています。
シルク・ド・ソレイユも手掛けるクリエーターによるダンスなど、見どころ満載のミュージカルが、
満を持して日本初上陸!


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
東京公演概要
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■日程: 2013年2月27日(水)~3月17日(日) 全25公演
■会場: 東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11F)
■入場料: S席¥12,000/A席¥9,000 (税込・全席指定)
※未就学児入場不可 ※日本語字幕付
■チケット発売中
Bunkamuraチケットセンター  03-3477-9999 (10:00-17:30)
Bunkamuraオンラインチケット www.bunkamura.co.jp/online/(PC・携帯共通)
e+(イープラス)        http://eplus.jp/ndp2013/

主催:Bunkamura、日本テレビ、朝日新聞社、Harmony JAPAN、
   サンライズプロモーション東京、イープラス
後援: J-WAVE、在日フランス大使館、フランス観光開発機構  
招聘・制作:Harmony JAPAN 協力:Mast Entertainment


-----------------------------------------------------------------------------------------
フランスミュージカルの決定版!「ノートルダム・ド・パリ」の魅力
-----------------------------------------------------------------------------------------
■ヴィクトル・ユーゴー原作の、心を揺さぶる、狂おしいほどの愛の物語
原作は、『レ・ミゼラブル』で知られるヴィクトル・ユーゴーの小説、『ノートルダム・ド・パリ』。
愛に生き、愛ゆえに運命を狂わせてしまう男女の哀切なラブストーリーを、台詞を交えず、歌とダンス
のみでパワフルに表現するスタイルは、観る者の感情に強く訴えかけ、世界中の観客を虜に。

2013年はミュージカル映画「レ・ミゼラブル」の公開や、METオペラ「リゴレット」など
ヴィクトル・ユーゴー原作ものが目白押し!

【あらすじ】
ノートルダム大聖堂の司教フロロ、近衛隊長フェビュス、そしてノートルダムの鐘つき男カジモド。
3人は、ジプシーの踊り子エスメラルダにひそかに想いを寄せていた。しかしそれは決して許されぬ愛。
彼らの想いはやがて、パリの大聖堂を舞台に“誘拐”、“暴動”、そしてある“奇跡”を引き起こす・・・。
エスメラルダの運命は―?そして彼女の愛の行方は―?

■シルク・ドゥ・ソレイユを手掛けたスタッフによるアクロバティックな演技!
歌とダンスを完全に分業化。総勢20名以上の鍛え抜かれたダンサーたちが、コンテンポラリーダンスと
アクロバティックなパフォーマンスを披露。高い壁や、吊り下げられた鐘を効果的に使って、空間を
縦横無尽に駆けめぐるパフォーマンスは、息をのむほどの迫力だ。

■17週連続1位!美しくエモーショナルな極上のミュージカルナンバー
ロック、ポップス、ラテンなどの要素を取り入れた美しくエモーショナルな音楽は、今作の最大の魅力。
フランスではミュージカルの開幕前にCDをリリース、17週連続1位を獲得した。それほどの力を持つ楽曲、
50曲以上の歌で綴るステージは、ライブコンサートのような楽しさもあり、必聴!今回上演する英語版は、
セリーヌ・ディオンの『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』でアカデミー賞とグラミー賞を総なめにした
ウィル・ジェニングスが訳詞を担当し、よりドラマチックに仕上がっている。

------------------------------------------------------------
【作詞】リュック・プラモンドン  
【作曲】リシャール・コッシアンテ  
【英語詞】ウィル・ジェニングス (映画『タイタニック』主題歌、E.クラプトン「ティーアーズ・イン・ヘブン」) 
【演出】ジル・マウ (シルク・ド・ソレイユ『ザイア』)  
【振付】マルティーノ・ミューラー(シルク・ド・ソレイユ『ザイア』) 
【原作】ヴィクトル・ユーゴー 「レ・ミゼラブル」  
【企画】:Enzo Products Ltd.
------------------------------------------------------------

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング