CyberZ、スマートフォンにおけるソーシャルゲーム利用実態調査(第一弾)を実施

PR TIMES / 2013年2月21日 12時15分

スマートフォンへの移行理由第1位は、「ネットで検索しやすい」「ゲームアプリが充実している」 スマホ移行後、ソーシャルゲームで遊ぶ時間が増えたユーザー7割



株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、ソーシャルゲーム市場の拡大(*1)を背景として、全国の普段ソーシャルゲームで遊んでいる15~69歳の男女1,018名を対象に、「ソーシャルゲームの利用実態調査(第一弾)」を行いました。調査結果より、以下4つの傾向を確認することができました。


傾向1.:スマートフォンへ移行した理由は「ネットでの検索がしやすい」が1位、次いで約半数が「ゲームアプリが充実している」

傾向2.:スマートフォン移行後、「初めてソーシャルゲームを始めた」ユーザーは約4割

傾向3.:スマートフォン移行後、「ソーシャルゲームで遊ぶ時間が増えた」ユーザーは約7割

傾向4.:スマートフォン移行後、「ソーシャルゲームへの課金額が増えた」ユーザーは約3割


以下、調査結果詳細です。

傾向1.:スマートフォンへ移行した理由は「ネットでの検索がしやすい」が1位
次いで約半数が「ゲームアプリが充実している」

事前調査において、15~69歳の男女を人口構成比に割付回収した対象者4万人のうち、スマートフォン所有比率は37.5%。そのうち、スマートフォンにおいて普段ソーシャルゲームで遊んでいるユーザー1,018サンプルを回収したところ、フィーチャーフォンからスマートフォンへ移行したユーザーの移行したきっかけは、男女ともに「ネットでの検索がしやすい」が61.0%、「ゲームアプリが充実している」が44.9%となりました。次いで「ニュース、天気予報、交通情報などが調べやすい」「使いたいアプリがある」が挙がるなど、全体的に、スマートフォンでネットサービスやアプリを活用するために移行する傾向がみられました。


【設問1】スマートフォンへ移行した理由


傾向2.:スマートフォンへ移行後、初めてソーシャルゲームを始めたユーザーは約4割

スマートフォン移行後のソーシャルゲーム利用状況は、「ガラケー(*2)時は遊んでいなかったが、スマートフォンになってソーシャルゲームを始めた」が38.2%で最多となりました。この結果に、「ガラケー時も遊んでいたが、スマートフォンになってから新しいソーシャルゲームを始めた」ユーザーを含めると、移行後に新規のソーシャルゲームを始めたユーザーは約66.9%となっております。また、OS別に見ると、iPhoneユーザーはAndroidと比較して、移行後にソーシャルゲームを始める割合が高い傾向にあり、その傾向は男性において顕著でした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング