2013年で発売50周年を迎える人気商品「すきやき」ふりかけ~世代を超えて愛される人気のヒミツとは?~

PR TIMES / 2013年5月17日 10時45分

丸美屋食品工業株式会社(本社:東京都杉並区、社長:阿部豊太郎)では、 弊社の代表商品の1つである「すきやき」ふりかけが1963年(昭和38年)の発売から50周年を迎えました。
本リリースでは、本商品に根強いファンが多く、ロングセラーを誇るヒミツに迫ります。



-------------------------------------
「すきやき」ふりかけ ヒットの要因
-------------------------------------
1.牛肉フレークという斬新な素材を取り入れ、ファンを獲得した。


●“おかず”ふりかけの元祖
近年、おかずのかわりとなるふりかけが多く新発売されてきていますが、その中でも「すきやき」ふりかけはおかずとして扱われるふりかけの元祖で、昔から食べ続けられています。

●高級メニューを家庭で手軽に
1963年(昭和38年)当時は、家庭の食卓に牛肉が登場する機会が少ない時代でした。
魚を主原料としたふりかけが主流であった中、高級なメニューだった「すきやき」の味を気軽に家庭で楽しめるようにと開発されたのが「牛肉すきやきふりかけ」です。原料には、牛肉・ごま・のり・たまごなどを使用。その甘塩っぱくクセになる味がたちまち好評を博しました。牛肉フレークの製法は特許を取っており、他社には真似できない技術を使用していました。

●業界初の“肉”メインのふりかけ
当時、“肉”メインのふりかけは業界初で、世間へのインパクトが非常に大きかった「すきやき」。発売以来、「のりたま」と並ぶ丸美屋の代表商品として、すきやきの割り下をイメージした甘塩っぱくクセになる味付けが評価されてまいりました。本商品は親から子供へ、さらにその子供へと世代を超えて受け継がれ、50年経った今も愛され続けています。


2.先駆者的なプロモーションが、人気に火を点けた。


●TVアニメへの番組提供
丸美屋は1963年(昭和38年) 、 SFアニメの草分け的番組で、その当時子どもたちの間で絶大な人気を誇っていた「エイトマン」への番組提供を実施。スポットCMも大量に投下しました。

●エイトマンシールの封入
そこで1964年(昭和39年)、「のりたま」と「すきやき」の袋にエイトマンシールを封入。
結果、シールを求める子どもたちが売場に殺到し、爆発的な売れ行きとなりました。これが、テレビ番組の人気キャラクターを商品に起用する、いわゆるキャラクター商品のはしりでした。当然、他社が見逃すはずもなく、シールキャンペーンは多くの同業他社に波及し、シールブームが起きたほどでした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング