「写真」でつながる想いと絆 『“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2013』 応募作品はすべて展示 3月20日(水)から作品募集開始 ~佐々木希さんが出演する動画を公開!~

PR TIMES / 2013年3月18日 17時30分



富士フイルム株式会社(本社:東京都港区、社長:中嶋 成博)は、“写真に込めた想い”を書き添えて展示する日本最大級の参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展2013」の開催にあたり、2013年3月20日(水・祝)より作品の募集を開始いたします。


■ 今年で8回目の開催 「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2013」

富士フイルムが開催する「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展2013」は、全国から寄せられた“とっておきの写真”を展示する日本最大級の参加型写真展です。今年で8回目の開催となる本写真展は、より多くの方に写真の価値を実感していただくため、作品募集の目標数を「10,000点」から「30,000点」に拡大して開催します。

「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展2013」では、応募いただいた全作品が全国28都市のうちご希望の会場に必ず展示されます。また、来場者が心を打たれた作品、共感を覚えた作品に対して手書きのメッセージを投函する「絆ポスト」を会場内に設置します。手書きのメッセージは展示終了後に主催者より各出展者にお届けし、写真を通じて想いがつながることを実感いただける企画となっています。

2012年のイベントでは、幅広い年齢層の方から、合計19,126点の作品が応募され、約54万人もの方にイベントにお越しいただけました。「絆ポスト」には、「自分の作品を知り合いだけでなく、たくさんの方に見てもらえた喜びをひしひしと感じました」「知らない人が直筆で書いてくれたメッセージが本当に嬉しく、心が温かくなりました」「顔は見えませんが、心が通じ合ったようで胸が熱くなりました」といった心温まるメッセージが沢山寄せられました。


■ 佐々木希さんと写真の出展者をつないだ作品のエピソードとは!?

「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展2013」の開催にあたり、佐々木希さんが出演する3つの動画を2013年3月18日(月)よりスペシャルサイトで公開いたします。動画は、佐々木希さんが作品を応募するまでの過程を描いたものと、2012年の作品出展者の方を佐々木希さんがインタビューするというものとなっています。


◆応募準備篇 

1つ目の動画「応募準備篇」は、佐々木希さんが写真展に応募するまでの過程を描いたものです。動画は佐々木さんが悩みながら写真を選んでいる様子から始まり、送る写真を決定した後、台紙へ張り付け、タイトルを記入。応募までの一連の動きがわかるような動画で、作品に応募する人のワクワク感を感じ取れるような構成となっております。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング