50代男性経営者・役員の7割が「意識して“自分時間”を確保」  精神科医・名越康文氏が語る「1人で時間を過ごす」ことの重要性   “自分時間”に飲みたいお酒、1位は「ウイスキー」

PR TIMES / 2013年3月26日 13時51分

~調査と専門家インタビューから紐解く“自分時間”の過ごし方~

スコッチウイスキー「ホワイトホース」などを販売する、キリンビール株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:磯崎功典)、キリン・ディアジオ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:齋藤幸信)は、2013年3月26日(火)より開始する「ホワイトホース “自分時間” プレゼント」キャンペーンの実施にあたり、現役の50代男性経営者・会社役員100名を対象にした「“自分時間”に関する意識・実態調査」および、精神科医・名越康文氏へのインタビューを実施しました。



■経営者・会社役員の7割が重要視・・・身体を癒し、思考に耽る“自分時間”
ビジネスの場において、今なお第一線で活躍する50代の男性経営者・会社役員たち。彼らは、仕事を離れた「自分1人きりの時間(=“自分時間”)」をどのように過ごしているのでしょうか。

まず、「1日の生活の中で、“自分時間”はありますか?」と聞いたところ、72%が「毎日ある」、27%が「毎日ではないがある」と回答。また、「普段の生活の中で、意識して“自分時間”を確保するようにしていますか?」という質問には、67%と約7割が「している」と答えました。そこで、「“自分時間”を持つ理由」を聞いたところ、「誰かに邪魔される事無く、物事を考える時間がほしいから。(52歳・東京都)」、「ストレスを溜め込まないように気分転換したいから。(54歳・愛知県)」、「自分自身をリセットするタイミングを持ちたいから。(53歳・東京都)」などの声があがりました。

また、「“自分時間”の具体的な過ごし方」を質問すると、「インターネットを見る」(68%)、「テレビを見る」(47%)、「本を読む」(34%)など、リラックスして好きなことを楽しむという回答のほか、「仕事のことを考える」(40%)、「人生のことを考える」(28%)、「家族のことを考える」(20%)など、じっくりと考えごとをするという回答も多く見られました。


■“自分時間”に飲みたいと思うお酒、1位は「ウイスキー」・・・約半数が回答
さらに、「“自分時間”にお酒を飲むことはありますか?」という質問には、59%と約6割が「ある」と回答しました。そこで、「“自分時間”に飲みたいと思うお酒」を聞くと、「ウイスキー」が最も多く、48%と言う結果に。以下、「ビール」(40%)、「ワイン」(36%)、「焼酎」(35%)、「日本酒」(21%)と続きました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング