オリコン 「シリコンシャンプー」「ノンシリコンシャンプー」に関する意識調査

PR TIMES / 2013年4月4日 17時10分

果たして人々の「ノンシリコンシャンプー」「シリコンシャンプー」に対する理解度、意識はいかに?

「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」の違いを理解している人は52.2%

ノンシリコン・シリコンシャンプーに関する情報が多く発信されているものの、
実際は理解をしている人は半数にとどまり、イメージ先行型の消費者が多数する結果に。




近年、髪の健康や頭皮の状態に関心が集まる中、大きな話題となっている「ノンシリコンシャンプー」。店頭やCM、 広告等で「ノンシリコンシャンプー」に関する情報を目にしたり、耳にする事が非常に増加しています。
果たして人々はどれだけ「ノンシリコンシャンプー」、そして有害と噂されている「シリコンシャンプー」についてどれだけ理解し、意識しているのでしょうか。

株式会社oricon ME(本社:東京都港区、代表取締役 社長:原田 健明)が展開するWEB「ORICON STYLE」 では、10~40代女性計500名を対象に『シャンプーに関する意識調査』を実施。その結果を受けて、専門家から意見をヒアリングし特集化いたしました。

====================================================

【調 査 結 果】

1 : 「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」の違いを理解している人は52.2%。

2 : 「シリコンシャンプー」に対するイメージ:58.0%の人が「悪い」  

3 : 「ノンシリコンシャンプー」に対するイメージ:89.8%の人が「良い」

4:「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」の違いを知りたい:74.4%

5: 専門家に聞いた「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」のウソ・ホント

― 巷で流れている噂「シリコンシャンプーの有害性」はウソ。
― メーカーはどういう製品を作るかという目的のもと、シリコン入りまたはノンシリコンシャンプーにするか判断。
― 「ノンシリコンシャンプー」のデメリットで『洗髪した後に髪がきしむ』と言われているが、一概には言えない。

====================================================


1. 「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」の違いを理解している人は52.2%。

まずオリコンでは、10~40代の女性に対して、「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」の違いについてどれだけ理解しているか聞いたところ、「理解している」と答えた人は52.2%の約半分にとどまる結果に【グラフ1】。

この調査結果から、インターネットをはじめ、様々な媒体、場所で「ノンシリコンシャンプー」、「シリコンシャンプー」について情報を触れる機会が多いものの、情報が過多になっているため混乱している可能性が見て取れる。


2. 「シリコンシャンプー」に対するイメージ:58.0%の人が「悪い」

次に、「シリコンシャンプー」に対するイメージ調査を実施したところ、58.0%もの人が「シリコンシャンプーの イメージは悪い」と答える結果に(グラフ2)上記の調査結果で違いを分からないと答えた人が半数だったことから、シリコンシャンプーに対する「悪い」イメージが理解度を上回っている現状が見て取れる。

一方、「シリコンシャンプーのイメージが良い」と答えた人のコメントを見ると、「ノンシリコンはごわごわしそうだから」(10代女性/東京都)や、「ノンシリコンだとツヤが出ないイメージがあるから」(30代女性/北海道)など「ノンシリコンシャンプー」に悪いイメージを持つ人も多く見られた。


3. 「ノンシリコンシャンプー」に対するイメージ:89.8%の人が「良い」

「ノンシリコンシャンプー」に対するイメージ調査を実施した ところ、89.8%もの人が「良い」と答える結果に(グラフ3)「良い」と答えた人のコメントを見ると、「何がシリコンシャンプー違うかは全然分からないが、CMなどで話題になってる からノンシリコンのほうが良い気がする」(10代女性/北海道)や「余計なものが入っていない イメージだから」(10代女性/鹿児島県)「シリコンはよくなさそう」(20代女性/東京都)など「シリコンシャンプー」に対する悪いイメージを持つ人が非常に多く見られた。


4. 「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」の違いを知りたい:74.4%

上記1の「シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いをどの程度分かりますか」という質問に対し、「それぞれの違いをきちんと分かる」と答えた人を除き、「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」の違いを知りたい」か聞いたところ、74.4%が「知りたい」と答える結果に(グラフ4)

この結果から、多くの人々がシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いを理解していない事が見て取れる。


5. 専門家に聞いた「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」のホント

 果たして、「シリコンシャンプーの有害性」や「ノンシリコンシャンプー」によく聞かれるデメリット 「髪のきしみ」などは本当なのだろうか?オリコンでは、「シリコンシャンプー」、「ノンシリコンシャンプー」の商品を両方展開しているユニリーバ・ジャパンの商品開発担当者の仲由恵子さんにお話しをうかがいました。


■ 巷で流れている噂「シリコンシャンプーの有害性」はウソ。

「シリコンシャンプーは頭皮の毛穴が詰まらない」「シリコンシャンプーを使っていると髪にトリートメント成分が入りにくい」は全て間違い。

■ メーカーはどういう製品を作るかという目的のもと、シリコン入りまたはノンシリコンシャンプーにするかを判断。
消費者の髪質に併せて商品を開発している。消費者自身の髪質にあったシャンプーを使用する。

■ 「ノンシリコンシャンプー」のデメリットとして『洗髪した後に髪がきしむ』と言われているが、一概には言えない。以前はノンシリコンで髪がきしむことがあったが、近年品質向上に伴い、泡立ちが良くて指通りも 滑らかになるよう工夫されている。

=======================================================

今回の調査結果を受けて、オリコンではWEB「ORICON STYLE」内で現在「ノンシリコンシャンプー、シリコンシャンプー」
に関する特集を展開中です。詳細は下記の特集をご覧ください。

『ノンシリコンシャンプーVSシリコンシャンプー論争に最終決着! 
ノンシリコンシャンプー・シリコンシャンプーあなたに合うのはどっち?』
http://beauty.oricon.co.jp/special/non-silicone-shampoo/

=======================================================

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング