日本初となる 取引、残高を分析してくれるお金の一括管理アプリ 「Moneytree」がApp Storeにて4月25日より公開 <無料>

PR TIMES / 2013年4月23日 17時37分

スマホで複数の口座を一覧表示・日本の大手銀行とカード会社のデータ自動取得・口座登録を含め、アプリから全機能操作可・自分のお金のことを通知してくれる無料アプリ

マネーツリー株式会社(本社:東京都渋谷区、以下、マネーツリー)は4月25日(木)より、初となる日本の大手銀行とカード会社に対応している「データ分析機能付」の一括管理 iPhoneとiPad アプリをApp Store にて無料配信を開始します。



複数のオンライン明細をひとつに集約、日本の大手銀行・カード会社など全30社に対応

多くの人が複数の銀行口座やクレジットカードを保有して、用途に合わせて使い分けています。しかし、口座が増えるほど面倒になるのがお金の管理。オンライン明細を確認するにはそれぞれの金融機関のサイトに行って、異なるIDやパスワードでログインしなければなりません。

Moneytree では、金融機関の口座を一度登録するだけで、複数の預金残高やカード使用額を同一画面上で確認できるようになります。それぞれの残高を集計した収支額も表示されるので、資産の状態がひと目でわかります。登録できる金融機関は日本の主な銀行、カード会社など全30社以上に上ります。

さらに、クレジットカードの支払日や電子マネーは前回いつチャージしたかといった重要な情報が自動的に表示されます。自動データ分析で、消費ぐせも教えてくれます。Moneytree は、ひとりひとりのお金の感覚を成長させる、「賢い」お金のアシスタントなのです。


銀行並みのセキュリティーで保護されたクラウドサービスによる、フレキシブルかつ安全なデータ管理

マネーツリーではクラウドコンピューティングを活用することで、iPhoneやiPadなどの端末だけでなく、サーバー上にもデータを保存します。常に最新の情報がバックアップ保存されていることになるので、端末の初期化、機種変更、紛失などによって端末内のデータを損失しても心配ありません。また、サーバー上に保存されている同一データに複数のデバイスからアクセスできるので、外出時はiPhone、自宅ではiPadというような使い分けしたり、1つの家計を夫婦それぞれのスマホ端末で管理するといったフレキシブルなデータ管理が簡単に行えます。

データは暗号化してロックされており、銀行と同様の高水準のセキュリティーでデータの保護を行っています。また、個人情報の登録は最低限で済むように努める、いつでもデータを削除できるようにする等、お客様のプライバシーの保護に細心の注意を払っております。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング