青山フラワーマーケット初のフレグランス4月20日(土)発売

PR TIMES / 2013年4月22日 17時53分

~花や緑が持つ繊細で華やかな香りの3ライン~

株式会社パーク・コーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役:井上英明)が全国に86店舗を展開するフラワーショップ「青山フラワーマーケット」は、4月20日(土)、初となるオリジナルフレグランスを発売いたします。
“花と緑に囲まれた心豊かな生活を提案する”という青山フラワーマーケットのコンセプトのもと、花や緑をより身近に感じていただきたいという想いから、この度フレグランスを開発することとなりました。フラワーショップならではの視点で生み出した、草花本来の香りに包まれる心地よさを体感していただけます。



■「花屋が作ったフレグランス」について

【 「Living With Fragrance Everyday」をコンセプトに草花の香りを忠実に再現】
「Living With Flowers Everyday」という青山フラワーマーケットのブランドコンセプトを踏襲し、1輪の花を飾るように、気軽に花の香りを楽しんでいただけるフレグランスを開発いたしました。今回のフレグランスは、有名アパレルブランドやアーティストとのコラボレーションで数々のフレグランスを世に送り出している株式会社セントネーションズとの共同開発。花や緑が持つ繊細でみずみずしい香り、またその中に眠る美しさや華やかさを、フラワーショップならではの視点で忠実に再現いたしました。華美な香りではなく、フローリストたちが日々触れている草花本来のナチュラルで優しい香りをボトルに閉じ込めました。今後、季節ごとに旬の花々の香りを販売するなど、シリーズ化を予定しております。


【リリース第一弾は、季節や気分で使い分けたい3ライン】


Tentation de rose(トンタション ドゥ ローズ)~バラの誘い~

フローリストが慣れ親しんでいる、ローズ本来の華やかさと無垢な印象が特徴的。優雅で品のある控えめな甘さと、みずみずしいエレガントさを感じさせるローズの香りは、場所を選ばず普段使い用としてお使いいただけます。


Bouquet de herbe(ブーケ ドゥ エルブ)~ハーブのブーケ~

リラックスとリフレッシュの効能を併せもつハーブの香りは、可憐で気品高い、洗練された女性を演出いたします。香水としてはもちろん、お部屋のルームスプレーとしてもお楽しみいただけます。


Papillon et printemps(パピヨン エ プランタン)~春と蝶々~

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング