Webフォントで美しいサイトが誰でも簡単に

PR TIMES / 2013年5月15日 18時56分

~ソフトバンク・テクノロジーのWebフォントサービス、デジタルステージ社のホームページ制作ソフトに搭載~

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、株式会社デジタルステージ(取締役会長 兼 開発プロデューサー:平野友康、代表取締役:熊崎隆人、本社:東京都世田谷区、以下 デジタルステージ)とWebフォントサービスFONTPLUSにおいて業務提携を行いますのでお知らせします。



今回の業務提携により、デジタルステージが今月5月30日に販売を予定しているホームページ制作ソフト『BiND for WebLiFE* 6.5』(バインド・フォー・ウェブライフ6.5 以下BiND6.5)に、WebフォントサービスFONTPLUSエンタープライスサービスが搭載されます。
SBTは、今後もWebフォントの更なる普及を目指し、WebフォントサービスFONTPLUSにおけるパートナー協業を推進するとともに、Webサイトの可能性を無限に広げる付加価値の高い有益なサービスとして、さらに発展させてまいります。


■ 背景およびBiND6.5について
日本語Webフォントの利用が進む中で、Webサイトのビジュアル面での美しさを飛躍的に向上させる以外に、Webサイトの利便性を向上させる点についても着目されています。Webフォントを使用することにより、これまで画像とされていたフォントがテキストとして取り扱われることで、SEO対策での利用や修正に係るコストや時間の削減など、Webサイトへの効果、そしてその可能性は無限に広がっています。
BiND6.5はHTMLタグやCSSを記述することなく、ウェブ制作の初心者でも簡単にウェブサイトが作れるソフトウェアです。BiND6.5では「TYPE for WebLiFE*」を新たに開発し、直感的なインターフェイスにおいてフォントを選ぶだけでWebフォント対応のウェブサイトが制作できるようになります。さらに、Webフォントのデザイン性を活かしたタイポグラフィックなテンプレートを4種類(PCサイト2種、スマートフォン2種)追加で収録し、これまで以上の多彩な表現を提案してまいります。なおWebフォントを利用するには、同社が運営するWebLiFEサーバーとの契約が必要で、ベーシックコース(BiND6.5プロフェッショナル版には2年間の無料利用権を付属)では7書体、プレミアムコースでは150書体が利用できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング