イースタジアグループ 300MW及び30MWのメガソーラー発電所建設投資基本合意契約を締結

PR TIMES / 2013年5月20日 16時16分

イースタジアグループと中利科技集団有限公司(2009年中国深圳市場上場)の100%子会社であるソーラーパネルメーカー、中利騰暉光伏科技有限公司(Zhongli Talesun Solar Co., Ltd. 「テルサンソーラー社」)と日本国における総出力300MWのメガソーラー発電所建設に関する合意契約書及び江蘇生美集団の100%子会社でソーラーパネルメーカーである江蘇万丰光伏有限公司(「フォーチュンソーラー社」)と日本国における総出力30MWのメガソーラー発電所建設事業に関する投資基本合意契約書を締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。



平成25年5月20日
各 位
                                  会社名 (株)イースタジアグループ
                                  代表者 CEO 片平 真樹
                                  問合先 グリーン発電事業部
                                      COO 伊藤 幸徳
                                      TEL 03-6721-8454


 

             「300MW建設・売却事業合意契約締結に関するお知らせ」


当社と中利科技集団有限公司(2009年中国深圳市場上場 SZ:002309)の100%子会社であるソーラーパネルメーカー、中利騰暉光伏科技有限公司(Zhongli Talesun Solar Co., Ltd. 以下「テルサン社」と称します)と日本国における総出力300MWのメガソーラー発電所建設に関する合意契約書を締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。


1.契約締結の経緯
当社は、太陽光発電施設建設ためのEPC事業及びファイナンススキーム(当社HPをご参照ください)を活用した具体 的な事業化を推進しております。
当社は、事業化のため当該スキームにおいてメガソーラー発電事業の事業主体となる企業の開拓及び提携を模索しておりました。この度、太陽光発電モジュールの大手メーカーであるテルサン社とFIT価格40円(税込42円)が適用されるメガソーラー施設の建設・売却事業を共同で行い、今後3年間で総出力300MWの発電所を建設することについて合意し、合意契約書を締結致しました。尚、テルサン社は当該スキームにおいて中国建材社のポジションを担当すると共に、当社と共同で建設したメガソーラー発電所施設を保有し、一定期間の売電を経て順次、売却する計画です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング