夫婦の出産意識調査 81.8%の人が「存在する」と感じる、“2人目の壁”

PR TIMES / 2013年6月3日 13時50分

「理想の子どもの数」と「実際の子どもの数」を隔てる障壁の存在が明らかに!

□ 既婚者男女の 71.8%が「理想は2人以上子どもを持ちたい」 と回答
□ 一方で、子どもを1人持つ夫婦の64.8%が「2人目の出産をためらっている」
□ 2人目の出産をためらう理由、1位は 「経済的な不安」が85.1%
□ 安倍政権が打ち出す“幼児教育の無償化”、「実現すれば2人目の出産意向高まる」8割超

タマホーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:玉木康裕)は、2013年5月、深刻化する日本の少子化問題を受け、その解決に向けた一助となることを目指し、夫婦の出産意識の実態についてWEBアンケート調査を実施いたしました。



 調査は全国の既婚者のうち、「子どもなし」、「子ども1人」、「子ども2人以上」の男女各300名、計1854名を対象として行いました(調査概要の詳細は7ページ目に記載)。
 その結果、「あなたは何人の子どもを持ちたいと思いますか(理想の子ども人数)」という質問に対し、約半数の人が「2人」(47.2%)と回答し、「2人以上」と答えた人全体では7割以上になりました(71.8%)。
一方で、子どもを1人を持つ親の6割以上が「2人目の出産をためらう」と答えています。また、「“2人目の壁”は実際に存在する」と感じている人は全体の8割を超えており(81.8%)、2人目の出産に障壁があることが明らかになりました。


----------


「出産にためらいを感じる」、1人目は38.5%で、2人目になると64.8%に上昇


1:

理想の子どもの人数は、「2人以上ほしい」人全体は 71.8%(1ページ目参照)
理想とする子どもの人数のトップは「2人」 47.2%


調査対象者全員に「理想の子どもの人数」をたずねたところ、「2人」が47.2%でトップとなり、2番目に多かったのが「3人」(22%)で、「2人以上」と回答した人の合計は71.8%となりました。
 2011年の合計特殊出生率が1.39である状況と比べると、理想の子どもの人数と実際の子どもの数に隔たりがあることがうかがえます。


-----------

2:

しかし、実際は子どもを1人持つ人の64.8%が、“2人目の出産”にためらいを感じている。
子どものいない人が、“1人目の出産”にためらいを感じる38.5%と比べると、
2人目には特有の障壁があることが明らかに

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング