平成25年度「東京大学市民後見人養成講座」受講生募集!規定カリキュラム修了者には東京大学より履修証明書が交付 東京大学本郷キャンパスで、後見人制度を本格的に学ぶ絶好の機会

PR TIMES / 2013年9月13日 14時21分

東京大学政策ビジョン研究センターは、主催する「東京大学市民後見人養成講座」の平成25年度の受講生募集を開始しました。



本講座の目的は市民後見人およびその候補者を養成することと、後見活動を通じて安心と活力みなぎる地域を創ることにあり、認知症高齢者の見守り、財産管理、身上監護、後見業務に関する座学と体験活動を織り交ぜた系統的プログラムとなっています。今期は第6期にあたり、これまで多数の市民後見人を輩出し、数多くのNPO団体が本講座をきっかけに誕生して地域社会に貢献しています。

また、規定カリキュラムを修了した方には、学校教育法105条に基づき、東京大学より履修証明書が交付されます。

本講座では成年後見制度の仕組みや具体的な活動内容、各種ケーススタディや実習など合計125時間にもおよぶ本格的な座学に加えて、実地での体験活動を織り交ぜた実践的かつ総合的なプログラムとなっており、後見活動に真剣に取り組む意欲のある方のご参加をお待ちしています。

【平成25年度東京大学市民後見人養成講座・募集要項】

会場  東京大学本郷キャンパス

日程  座学講座全14回(9:30~16:30予定)
    平成25年10月12日(土)・13日(日)・14日(祝)・26日(土)・27日(日)
        11月23日(祝)・24日(日)
        12月14日(土)・15日(日)
    平成26年1月25日(土)・26日(日)
        3月21日(祝)・22日(土)・23日(日)
※プログラムには上記座学75時間に加え、宿題(申立て書類作成など)、
判断能力が不十分な人との交流活動、後見人への同行活動、
後見NPO法人の立ち上げ、地域への成年後見啓発活動などの実習が
50時間程度あります。

履修証明書授与式  平成26年4月20日(日)


<応募条件>
以下の要件すべてを満たす方
・後見人として活動する意欲がある
・後見NPO法人等を立ち上げ、運営する意欲がある
・過去に後見人等を解任されたことがない方
・18歳以上で、高卒と同等以上の学力を有する方
※履修証明書の取得のみを目的とした方のご参加はご遠慮下さい。

<受講料> 75,000円

<定員>  400人(定員に達し次第締切)

■お申込み・お問い合せ
下記WEBサイトをご参照ください。
http://www.shimin-kouken.jp/
※ご応募受付はWEBサイトのみとなります。「募集要項」をご覧の上、「受講申込フォーム」からお申込み下さい。

■主催
東京大学政策ビジョン研究センター
市民後見研究実証プロジェクト事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 伊藤国際学術研究センター3F

一般の方のお問い合せ先
http://www.shimin-kouken.jp/contactus.html
※上記WEBサイトのお問い合せフォームからご連絡ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング