G2 Tokyoとオグルヴィ・アクション・ジャパン株式会社が統合し、新ブランド “ジオメトリー・グローバル” をローンチ

PR TIMES / 2014年1月10日 17時20分

世界最大のアクティベーション・エージェンシーが誕生



2014年1月10日 - オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社(久保明彦 社長兼職務執行者 グループ代表、本社:東京都渋谷区)は、2014年1月1日付でWPPグループのG2 Tokyo(以下G2)とオグルヴィ・アクション・ジャパン株式会社(以下OA)が統合し、新ブランド “ジオメトリー・グローバル” をローンチしたことを発表しました。

ジオメトリー・グローバルは、WPPグループに属する独立した、世界最大、かつ地理的にも世界で最も強いネットワークを誇るエージェンシーです。世界56ヶ国で展開し、4,000名ものアクティベーション・スペシャリストを擁します。コンシューマー・アクティベーション、トレード・マーケティング、OneToOneマーケティング、デジタル・マーケティング等の実現を支援します。

新ブランドのローンチに際し、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン グループ代表の久保は次の様に述べています。「既に強固な地位を築いている2つのアクティベーション・エージェンシーが、両社の豊富な実績、専門性によって、さらに充実したサービスを提供するパワフルなエージェンシーとなったことをとても嬉しく思います。」

ジオメトリー・グローバル合同会社のマネージングディレクターに就任した太田は、「OAと共に進めるグローバルでの新ブランドのローンチは、G2 Tokyoにとっても素晴らしいニュースです。OAはこれまで様々な競合プレゼンで戦ってきた最も手強いエージェンシーの一つでしたが、G2とOA両社の強み、人材は互いに補完し合う関係にあります。ジオメトリー・グローバル・ジャパンの設立により、フルスケールで精度の高いデジタル、ショッパー、エクスペリエンシャル・マーケティングサービスを提供することが可能となります。2014年を新ブランドでスタートできることをとても嬉しく思います。」と述べています。

ジオメトリー・グローバル合同会社のノースアジア マネージング ディレクターにはマイク・バズビィが就任し、次の様に述べています。「G2とOA両社が持つデジタル・アクティベーション、ショッパー、エクスペリエンシャル、トレード、リレーションシップ・マーケティングの専門性を一つにすることで、ジオメトリー・グローバルは業界において真にユニークなアクティベーション・エージェンシーというポジションを確立することが出来ると信じています。」

ジオメトリー・グローバルについて
世界最大のアクティベーション・ネットワーク

ジオメトリー・グローバルは、世界最大のネットワークを誇るアクティベーション・エージェンシーです。データ、インサイト、そして一分の隙もないクリエイティブを結びつけ、購買意思決定の経路に沿ったスペース、タイミング、メッセージを適切、かつ正確に組合わせる「プレシジョン・アクティベーション」により未だに満たされていないニーズへのユニークなソリューションを提供します。
この当社ならではのアプローチは、コンテキストとコンテンツの適切な融合に焦点を置き、その両面から消費者の行動に影響を及ぼします。さらに、実績あるコミュニケーション手法と優れたクリエイティブ・アイディアを効果的に融合し、ビジネスの推進力に変換します。
世界56のマーケットにエキスパートを有し、高度に説得力のあるマーケティングプログラムを開発します。-データとインサイトを活用しながら、人とブランドを的確なタイミング、場所、方法でつなぎます。- それによって、クライアントのビジネスに測定可能な変化をもたらします。

<業務内容>

プレシジョン・アクティベーション──適切な時と場所、そして適切な方法でブランドと人をつなぎ購買行動を創出
トレード・マーケティング──流通チャネルとの「Win-Win」の関係を構築
ショッパー・マーケティング──ショッパーのインサイトをもとに、より効率のよいコミュニケーションを提案
デジタル・アクティベーション──デジタルで消費者を購買行動に導くエクスペリエンシャル・マーケティング──ブランド・商品の品質や世界観を消費者が体験する機会を演出


*****
この件に関する問い合わせは:
オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社
グループ・ディヴェロップメント マネジャー 林志摩
Tel: 03-5791-8881, e-mail: shima.hayashi@ogilvy.com
www.ogilvy.co.jp | facebook.com/ogilvyjapan | twitter.com/askogilvy

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング