Qセルズ、関西初開催の「PV EXPO OSAKA 2013」に出展

PR TIMES / 2013年9月27日 16時42分

環境先進国ドイツが生んだ、世界最高峰の太陽光発電の技術、製品を Qセルズが「PV EXPO OSAKA 2013」にて展示

ハンファQセルズジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役キム・ジョンソ)は、10月2日(水)からインテックス 大阪で行われる第1回「PV EXPO OSAKA 2013」へ出展いたします。


日本に比べ気候条件が厳しい国・ドイツで発電量を最大化するために、Qセルズは太陽電池セル技術や、モジュール開発だけでなく、施工などにおいても高い技術を培ってきたドイツ発のグローバル企業です。2007年6月には、日本に事務所を設置し、2010年1月に日本法人を設立するなど、ヨーロッパのサプライヤーの中では先駆けて、日本市場に本格参入いたしました。

Qセルズは、ドイツのマイスターシップ文化による厳しい品質管理と技術力を有し、低照度(曇り、西向き、東向き)でも、他社より高い発電量、雨・風・雪など外部からの耐久性が国内メーカーの約2倍(5,400pa)、その品質をもって、現在、国内外の企業の中でも最も長い、25年の品質保証を提供しております。また、主要国で研究所や工場を運営し、世界中に販売網をもって展開している、太陽光発電業界におけるワールドワイド・リーディング・カンパニーです。


■「PV EXPO OSAKA 2013」への出展の狙い

2013年5月、大阪に事務所設立に加え、住宅、低圧用太陽光発電市場が大きいと見込まれている関西圏のお客様とのコミュニケーションを図る場として「PV EXPO OSAKA 2013」に参加し、Qセルズを更に知っていただき、Qセルズの製品の導入を積極的に検討していただく機会を、より多く生み出したいと考えての出展となります。

 ■「PV EXPO OSAKA 2013」でのコンセプト

今回のEXPOのコンセプトは、「German Engineering」、「Local Support」、「Worldwide Leadership」の3つです。特に、Qセルズのブランド認知はまだ十分ではなく、「Qセルズ= ドイツの技術・品質&グローバル企業」というイメージを大阪から広めていくことを目指します。このため、ドイツ本社より技術者3人が来日し、お客様との交流を図ります。
また、遠いドイツの地でだけでなく日本でもお客様の問題に日本でも対応するため、2013年8月、「つくば技術センター」を開設するなど、サービス・サポート体制の現地化を進めていることを紹介いたします。
そして、メインステージでのイベントを通して、ドイツをイメージしたプレゼントやドイツビールの提供、ワールドワイドにメジャースポーツのオフィシャルスポンサーを実施していることなどの、グローバル企業としてのQセルズの顔も紹介いたします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング