夫の家事貢献に関するアンケート調査

PR TIMES / 2013年10月31日 18時21分

“家事メン”というワードの認知は、夫・妻は 半数越え・“気まぐれ家事メン”が主流・浴室掃除・皿洗いは夫の仕事 !?

水滴をつけてこするだけでキズをつけずに浴室の鏡の水あかを落とす浴室鏡用クリーナー、「スコッチ・ブライト(TM) バスシャイン(TM) 鏡の水あかクリ―ナー」を発売中の住友スリーエム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:三村 浩一)は、全国の20~49歳の配偶者を有する男女103名ずつ計206名を対象に、「夫の家事貢献に関する意識」に関するアンケートを実施しました。




最近、家事を手伝う夫、“家事メン”が話題になっており、雑誌、新聞などで特集を目にする機会も増えています。そんな夫の家事参加について、夫・妻の立場から本音を調査。家事(「床掃除」「浴室掃除」「トイレ掃除」「洗濯」「お皿洗い」「調理器具洗い」)について、頻度や満足度などについて聞き、その結果明らかになったのは以下の通りです。


“家事メン”というコトバを知っているのは、夫・妻ともに半数越え。

夫の家事参加の原動力は、「妻からのありがとうの言葉」と「妻の機嫌がよくなること」。でも、ホンネでは、お小遣いアップも 期待している。

夫が最も行う掃除は、浴室掃除! 次いで、お皿洗い。

夫の浴室の掃除ぶりについての満足度は、夫と妻とも一致。しかし、細かいところまでやらない 仕事ぶりに不満もアリ。


1. “家事メン”というコトバを知っている夫・妻ともに半数越え

  *  知っている&聞いた事があるを含めて、50%を超える。

  *  “時々やる、気まぐれ家事メン”であると自覚する夫は、46.6%。

    同様に指摘する妻は、41.7%と、自他共に認める“気まぐれ家事メン”が主流。


2. 夫の家事参加の原動力は「妻からのありがとうの言葉」と「妻の機嫌がよくなること」

  * 夫が家事をやる意義の2強は「妻からのありがとうの言葉」(58.3%)と「妻の機嫌が良くなる事」 (55.3%)。

  *「お小遣いのアップ」が行なわれる家庭は全体の3%に満たず、家事ぐらいでは財布の口は緩まないのが現実。

  * その一方で、家事をやって得られてはいないが、得られたらいいと思う事として、35%の夫が小遣いアップを

  あげた。


3. 夫が最も行う掃除は、浴室掃除! 次いで、お皿洗い

  * 浴室掃除を週に1回以上やると答えた夫は、74.8%。

  * 浴室掃除は、自主的に行うようになったという夫は70%。妻に促されては、25%。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング