「ジャパン・ハラール・フードプロジェクト」について

PR TIMES / 2013年10月28日 17時2分

2013年度経済産業省クール・ジャパン戦略推進事業 日本食ビジネスのインドネシア進出をサポートします。

株式会社ファースト(東京本社:東京都中央区銀座)では、経産省クール・ジャパン戦略推進事業として採択された「ジャパン・ハラール・フードプロジェクト」を始動いたしました。
本プロジェクトは(株)ファーストが事業者となり、日本・インドネシアでの食市場、ハラール等の分野での専門家により企業コンソーシアムを形成し、実施・運営にあたります。
本プロジェクトは、インドネシアでの日本食の普及、食産業の進出・拡大を目的とし、機会提供、サポートを行うもので、日本、インドネシア両国にてBtoB、BtoCイベントを実施いたします。



2013年度経済産業省クール・ジャパン戦略推進事業
日本食ビジネスのインドネシア進出をサポートする
「ジャパン・ハラール・フードプロジェクト」について


株式会社ファースト(東京本社:東京都中央区銀座)では、経産省クール・ジャパン戦略推進事業として採択された「ジャパン・ハラール・フードプロジェクト」を始動いたしました。本プロジェクトは(株)ファーストが事業者となり、日本・インドネシアでの食市場、ハラール等の分野での専門家により企業コンソーシアムを形成し、実施・運営にあたります。本プロジェクトは、インドネシアでの日本食の普及、食産業の進出・拡大を目的とし、機会提供、サポートを行うもので、日本、インドネシア両国にてBtoB、BtoCイベントを実施いたします。

本プロジェクト概要につきまして、日本では、第一弾として2013年12月にセミナー、2014年3月に商談会を実施いたします。12月4日開催のセミナーは、「インドネシア市場食品輸出・進出セミナー」と題し、イオン・インドネシア、敷島製パンをはじめとする現地進出企業を講師としてお招きし、実践的な内容にてインドネシア進出ノウハウを取得いただきます。(セミナー講師、および詳細内容申し込みなどは公式WEBサイトhttp://www.jhfp.jp/にてご参照下さい)限定200人の募集です。

対象は食品メーカー・商社・流通業者・健康食品・食品関連・外食チェーンなどインドネシアに興味のある法人・個人・行政・団体の方に有益な内容のセミナーです。インドネシアは人口2億4000万人、ムスリム人口世界最大2億人の成長市場インドネシアは親日国で日本企業のチャンスが期待できますがまだまだ課題も多い国です。いま学習して自社のビジネスに活かす時です!世界最大のイスラム人口を抱えていることが日本で知られたのはここ最近のことです。親日国、日本食ブーム、イオンの進出、インドネシアでの日本の話題は事欠きません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング