「手作り感」&「オリジナル性」のある年賀状で好感度アップをねらえ!?「現代の年賀状に関する調査」

PR TIMES / 2013年10月31日 14時48分

・年賀状は「1年の節目」90.3%「人とのつながりを感じる日本のよい文化」81.5%
・もっと簡単な年賀状作りを熱望!?毎年恒例の年賀状作りを「面倒」と感じている人が68.0%
・年賀状作りを忙しい年末の家族間コミュニケーションとして63.5%の人が期待も!



ブラザー工業株式会社(社長:小池利和)の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社(代表取締役社長:片山 俊介)は、11月1日(金)の年賀はがきの発売開始にあわせて、0歳~12歳の子どもをもつ男女500人計1,000名を対象に『現代の年賀状に関する調査』を行いました。

ブラザーは、インクジェットプリンター「PRIVIO(プリビオ)」に、パソコンを使用しなくても簡単に楽しくオリジナルの年賀状作りができる「年賀状アプリ」を搭載し、これからの年賀状作りに新しい形を提案しています。今回の調査では、年賀状は「1年の節目」、「人とのつながりを感じる良い日本の文化」であると考えている一方で、年賀状作りを面倒と思っている人も多いことがわかりました。近年、年賀状作成ソフトの普及等により年賀状作りが簡単になっているにも関わらず、忙しい年末には面倒と感じてしまい、妥協されるものになってきていることも明らかになりました。他にも、受け取った年賀状のうち記憶に残っているものは、約3割という結果や、好感度の高い年賀状として「手作り感」&「オリジナル性」が挙げられていることから、年賀状の好感度をあげるためには、妥協しがちな年賀状作りの現状から脱却する必要性があることが伺えます。さらに、年賀状作りに関して、「家族で年賀状を作ることは家族間のコミュニケーションにつながる」と回答した人が63.5%となり、年賀状作りに対する期待が導きだされる結果となりました。


【調査サマリー】

1.年賀状に対して、90.3%の人が「1年の節目と感じる」、81.5%が「送るひととのつながり」を実感!
・ 年賀状作りに関して、90.3%の人が「1年の節目」を感じると回答。また81.5%の人が「送る人とのつながり」を実感すると回答し、「日本のよい文化」と考えている人が多いという結果になりました。

2.もっと簡単な年賀状作りを熱望!?一方で、「嫌い」&「面倒」な年末恒例作業になっている人も・・・
・ 年賀状作りに対して「嫌い」もしくは「どちらかというと嫌い」と回答した人が57.1%。
・ 年賀状作りが「面倒」だと思っている人が67.8%。
・ さらには年末の慌ただしさから、76.5%もの人が年賀状作りを妥協してしまった経験があると回答。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング