バンキングシステムズとバリューコマース、 クラウドPOSレジ対応O2Oアフィリエイトを提供開始

PR TIMES / 2013年11月29日 11時52分

~O2Oキャンペーンで実店舗とECサイトに同時集客を実現~

株式会社バンキングシステムズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮沼良尚、以下バンキングシステムズ)とバリューコマース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 最高経営責任者:飯塚 洋一、以下バリューコマース)は、クラウドPOS※レジ連動売上比例成果報酬型のO2Oアフィリエイトプログラムの提供を開始いたしました。



 本システムに対応するクラウドPOSレジは、カシオ計算機株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 樫尾和雄、以下カシオ計算機)の店舗向けAndroid端末にバンキングシステムズのクラウドPOSレジ管理システム「スマスト」対応アプリを導入したものです。 ※POS:販売時点情報管理

 近年、スマートフォン、タブレットの普及やSNSの活用度が高まったことで、体感したサービスが顧客によって情報拡散される環境が加速的に広がり、ネット顧客を店舗に送客する考え方のO2Oマーケティングが重要視されています。

 今回の取り組みでは、店舗はECサイト上に実店舗で使えるユニークなキー情報が付与された割引クーポンを発行します。実店舗では、来店した顧客のクーポンバーコードをPOSレジで読み取り、売上が確定した時点で成果報酬が発生します。店舗は一つのキャンペーンを実店舗とECサイトで同時展開することで、店舗とWebの一元管理による同時集客と顧客管理システムの構築が可能となります。売上比例成果報酬型になるため費用対効果の高い効果的なプロモーションを実現します。

 本サービスは、ミニット・アジア・パシフィック株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長 中西勉、以下ミスターミニット)が展開する、全国約290店舗の靴修理サービス店「ミスターミニット」での導入が決定しました。ミスターミニットでは今後、インターネットと実店舗の連携を図る施策を取り入れ、利便性と顧客満足度の向上に取り組みます。

 バリューコマースでは、本サービスはクラウドPOSレジ連動での売上比例成果報酬型の点で世界初であると考えており、現在、特許出願中です。


【株式会社バンキングシステムズ】
1974年の創業。2013年10月で第40期を迎える老舗のIT企業です。オリジナルな価値の創造に努め、ITを利用し『コミュニケーション豊かな社会の実現に貢献する』ことを企業理念として活動しております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング