コンサルティング会社が個人向けの英語プレゼン、 企画書の校正サービスを開始

PR TIMES / 2013年11月27日 16時34分

限定で無料体験モニターを募集中

株式会社カシス・コンサルタンツ(東京都港区、代表川口浩二)は、企業向けのコンサルティング業務で培った技術を活用し、個人のプレゼンテーションを支援するサービスを開始しました。グローバル化や就業形態の変化など、個人の提案機会が増加していることに対応したものです。値段は1万円からと、個人の方でもご利用しやすい設定としております。先着5名までモニターとして無料体験いただけます。



マーケティング計画やデータ解析を専門とする株式会社カシス・コンサルタンツ(東京都港区、代表川口浩二)は、個人のビジネスパーソンや中小企業経営者、個人事業主などを対象にプレゼン・提案書作成の支援サービスを開始しました。内容は、「1. 英語プレゼン支援サービス」、「2. 企画書・資料校正サービス」、「3. プレゼン支援サービス」の3つからなります。いずれも、10年以上にわたり企業のマーケティング部、経営企画部、トップマネジメントなどを対象に提供してきたコンサルティング技術や海外業務経験をいかし、ビジネスパーソンにとって重要な場面での提案・プレゼン活動をサポートするというものです。

基本料金10,000円からと、個人の方がご利用しやすいよう低廉な料金設定としております。また、コンサルティング会社の機密基準によって組織・個人の守秘情報は完全に守られますのでご安心ください。

先着5名様まで無料で体験いただけるモニター期間を設けております(簡単なアンケートへのご回答が条件となります)。


具体的なサービス内容は以下の通りです。


1. 英語プレゼン支援サービス:英語で最適な表現・論理構成となるための助言・校正を行います。プレゼンや資料作成のポイントを指南し、聞き手に明快な論旨を提案します。必要に応じてデータなどの収集も支援します。もちろん英文はネイティブの専門家によるチェックを行います。当社はインドに研究拠点を持ち、高品質なネイティブチェックをリーズナブルに利用できます。

2. 企画書・資料校正サービス:日本語の書類に対して、最適な表現・論理構成となるための助言を行います。必要に応じてデータなどの収集も支援します。

3. プレゼン支援サービス:日本語・英語を問わず、提案目的を果たすために必要な方法を、形式にとらわれず指南する総合的なサービスです。


ご利用シーンとしては、海外での会議や展示会など失敗の許されない英語プレゼンが必要なとき、経営陣への提言やプロジェクトの最終報告、転職先での初回会議など重要性が高い提案が求められるとき、起業や借り入れなど論理と要件を満たした書類を作成する必要があるときなど、「ここぞ」という場面でのご利用を想定しています。また、より日常的な企画・提案におけるメンターやセカンドオピニオンとしてもご活用いただけます。組織内での利用にとどまらず、グローバル企業への転職における英文経歴書の作成や海外のクラウドファンディング・ビジネスコンテストへの応募など、「個人がプレゼンを必要とする場面」を幅広くサポートします。


本サービスの背景としては、グローバル化や柔軟な就業形態の変化などを受けて、異分野・異文化の人に理解や協力をうながす「提案」の重要性が高まってきたという問題意識があります。ただし、その解決策はマニュアル的な書籍などにとどまり、個人が実際の場面に即して助言・校正を受けられる機会は限られているのではないでしょうか。
コンサルティング会社が顧客企業向けに作成する提案書の品質基準は極めて高く、この基準を個人のお客様のプレゼン資料および書類作成の場面にあてはめることで、このような社会的な課題解決に寄与できるのではないかと考えております。


本サービスを皮切りに、今後とも個人を支援することにより組織・社会の課題をダイナミックに解決していけるようなサービスの開発を目指して参ります。


本件に関するお問い合わせ先
担当:渡部
・サービス紹介  http://www.kcsc.co.jp/services_for_individuals
・連絡先 メール: info@kcsc.co.jp

株式会社カシス・コンサルタンツ
  http://www.kcsc.co.jp/
 設立:2000年9月
 代表者:代表取締役 川口浩二
 所在地:東京都港区西麻布1-4-20

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング