インドネシアより、珍しくも香り豊かなコーヒーをあなたのお手元へ。

PR TIMES / 2013年12月4日 12時28分

「コピルアック」専門通販サイトのLJA JAPANです。

LJA JAPAN株式会社(代表:徳永 宏規)はオリジナルブランド「Koki's Kopi Luwak」を2011年より運営しております。現地インドネシアとの交流および生産工程を経て、日本の消費者に新たな味わいを提供します。



Koki’s Kopi LuwakはLJA JAPAN株式会社が運営するコーヒー豆・コピルアックのブランドです。
代表の徳永がインドネシアで出会った全く新しいコーヒーの味わいを受け、現地製造者との直接交渉を重ねながら事業を立ち上げました。


現地の味を忠実に再現するため、直輸入の買い付けではなく果肉から生豆までの精製工程から品質管理を日本で唯一携わり、インドネシア関連会社と提携し安定した供給を行っています。その中でも今夏、世界で類を見ないコピ・ルアックリキッドコーヒー「Koki’s Kopi Luwak ice」の開発に成功。独自に開発を進め、特徴ある香りや酸味を余すことなく一本の瓶へと抽出します。


コピルアックとは
ジャコウネコと呼ばれる現地に生息する猫の排泄物からコーヒーの果肉を取り出し、所定の精製段階を経て抽出されたコーヒー豆の品種です。歴史は古くインドネシアがオランダ領地下の頃、現地民が禁じられたコーヒーを摂取するため、やむなくジャコウネコから生豆を採取したことが起源とされています。
世界で最も高価なコーヒーとして知られており、他には無い独特の風味と酸味、コクからコーヒーマニアからは価値のある一杯と賞賛されております。


コピルアックとは


ジャコウネコと呼ばれる現地に生息する猫の排泄物からコーヒーの果肉を取り出し、所定の精製段階を経て抽出されたコーヒー豆の品種です。歴史は古くインドネシアがオランダ領地下の頃、現地民が禁じられたコーヒーを摂取するため、やむなくジャコウネコから生豆を採取したことが起源とされています。
世界で最も高価なコーヒーとして知られており、他には無い独特の風味と酸味、コクからコーヒーマニアからは価値のある一杯と賞賛されております。


LJA JAPANについて
インドネシアと日本間の貿易による経済発展を目指し、2012年2月に起業しました。LJAはインドネシア語のLintas(貿易)、Jaya(繁栄)、Abadi(永遠)の頭文字を取って名付けたものです。
代表徳永は中部ジャワのローカル市場で行商の経験もあり、現在もインドネシアと日本を往復する日々が続きます


Koki’s Kopi Luwakは現在、自社のECサイト(URL:http://www.kopi-luwak.jp/)の他、
JALショッピング(URL: http://www.shop.jal.co.jp/disp/53661_1.html?dispNo=)にて販売しております。


本件の問合せ先

LJA JAPAN株式会社 
代表取締役 徳永 宏規
神奈川県横浜市西区南浅間町8-22 
河本ビル203
045-334-7657
045-330-7695

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング