よじげん証券 株式公開を控える企業にセカンドオピニオンを提供する「IPO価値創造事業」を6月10日(火)より開始

PR TIMES / 2014年6月12日 11時20分

ハイバリュエーションで上場したじげんグループのノウハウを次代に繋ぐ

株式会社じげん連結子会社である株式会社よじげん証券(本社:東京都新宿区、代表取締役:後藤健太郎)は、6月10日(火)より、近い将来に株式公開(以下、IPO)を控える企業を対象に、IPO価値創造事業を開始いたします。じげんグループは、昨年11月にPER水準で57.5x [発行済株式数5105万株(OA考慮前)、発行価格600円、純利益予想533百万円を前提に算出] という高バリュエーションで上場を果たしており、グループとして培ったIPOにかかわるノウハウを、上場候補企業向けに提供してまいります。



【IPO価値創造事業とは?】
本事業は、株価が適切な水準にあるかを判断するバリュエーション水準や、企業がエクイティファイナンス(新株発行を伴う資金調達)で調達した資金をどう使うべきか、どう株式市場に成長戦略を説明すべきかといったエクイティストーリー、あるいはそもそもIPOを本当にすべきなのかといった、IPOを検討するに際して重要な考慮点について、より上場候補企業に近い視点からオピニオンを提供し、本来会社が認識されるべき企業価値を会社と共に創出していくサービスです。

【IPOを考える際のセカンドオピニオンの必要性】
IPOにおいて、主幹事となる証券会社も発行体である企業もIPOを成功裏に進めたいという目的は共有していますが、しばしばその“成功”の定義にずれが生じています。よって、発行体にとっての真の成功のためには、これらのギャップを橋渡しし、 IPOを発行体側から側面支援する存在が不可欠です。当社は、じげんグループとしてIPOから会得したノウハウ、並びに証券・発行体両方でIPOを経験した“IPOインサイダー”としてのポジショニングを活かし、発行体に対して包括的なセカンドオピニオンを提供することが可能です。

【インターネット証券事業との関わり】
一つの取組みとしては、IPOを控える企業に、幹事証券の一社として参画することで、IPO実施の際に当社証券ユーザーに対して、IPO投資機会を提供いたします。
また、上場時の適切なバリュエーション水準を、発行体の事業戦略が適切に反映されるよう共に創出していくことで、上場候補企業が上場以降も適正に評価される環境を創出してまいります。そして、日本の金融市場の活性化と適正化に寄与することで、コーポレートメッセージとして掲げる“WEB×投資の新しいカタチ” の実現に繋げてまいりたいと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング