2013年販売数300万セットを超える“アメリカ版リリアン” アメリカで大流行している「レインボールーム」が日本上陸 ~今年のクリスマスプレゼントにも最適~

PR TIMES / 2013年12月2日 12時11分

2013年12月8日(日)より販売開始

レインボールームジャパン株式会社(本社:東京都文京区)は、アメリカで社会現象となっているブレスレット制作キット「レインボールーム」を2013年12月8日(日)より、日本にて販売開始致します。



 「レインボールーム」(Rainbow Loom(R))は、アメリカで2011年より販売を開始し、2013年の年間販売数が300万セットを超え、大ヒットとなったブレスレット制作キットです。“Loom”(ルーム)の意味は、「織機」、「編機」、「道具」です。レインボールーム(プラスチック製の輪ゴム編みキット)にさまざまな色の輪ゴムをはめ込み、専用のフックを使用して輪ゴムを編み込んでいくことによって、自由な発想でブレスレットを制作することができます。アメリカでは女の子はもちろん、男の子の間でも人気で、品薄の状態が続いています。


 テレビゲームやスマートフォン、タブレットなどの電子端末に夢中になる子どもたちが増える中、創造力を働かせオリジナルのブレスレットを作ることができる「レインボールーム」は、モノづくりの原点を教えるという観点もあり、親世代にも好評です。子どもと一緒に、夢中になってブレスレットをつくる親も多く、“大人でも楽しむことができる”というポイントも、「レインボールーム」が人気となった要因の一つです。

 また、「子どもの創造性や集中力が高まった」や「家族や友人と一緒にブレスレットを作ることでコミュニケーションをとる機会が増え、社交的になった」などのコメントが送られてくることもあります。


【商品概要】

・商品名
 レインボールーム
・発売日
 2013年12月8日(日)
・希望小売価格
 2,100円(税込み)
・販売
 オフィシャルサイト(http://www.rainbowloom.co.jp 12月中旬開始予定)および大手オンラインショッピングモール、玩具店、クラフト店など
・セット内容
 レインボールーム1個、専用フック1本、混色輪ゴム約600本、Cクリップ約24個

※なお、輪ゴム単体での商品展開もございます。


 「レインボールーム」の開発者は、アメリカへ移民した中国系マレーシア人のチューン・ン(Choon Ng)です。チューンは2人の娘のために自宅のガレージで輪ゴムのブレスレットを作ったりする際に、さまざまなブレスレット制作ができる編みキットを発明し、2010年に「レインボールーム」を商品化しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング