世界最大のチケットマーケットプレイスのviagogoが2014年FIFAワールドカップチケット入手に関する購入傾向を発表

PR TIMES / 2013年12月12日 16時6分

同社サイトにおいてアジアのワールドカップチケットの全ての需要の68%を日本人が購入他国の試合チケットも積極的に入手し世界レベルの試合を応援する傾向



世界最大のチケットマーケットプレイスのviagogoは、金曜日の2014 FIFAワールドカップ抽選会に続いて、ブラジルで開催されるサッカートーナメントのチケットを確保したい世界中のサッカーファンから100万回以上も検索されています。
さらに言えば、試合スケジュールが発表されるはるか前の8月から、多くのサッカーファンはviagogoのセキュアプラットフォームにアクセスしチケットを売買していました。

日本は、現在、弊社サイト( www.viagogo.com/jp ) におけるアジア最大のワールドカップチケットバイヤーで、アジアのワールドカップチケットの全ての需要の68%を占めています。

viagogoのスポークスパーソン、スティーブ・ロエストは次のように述べています。「6月24日にアリーナパンタナルで行われる日本対コロンビアがグループCで現在最も人気がある試合です。この試合は、同グループのその他の全試合の4倍もの需要があります。日本からのワールドカップチケットの需要の特徴は、その他の国々と異なり、自国チームの試合でなくても、出来る限りトップレベルの試合を見ようとしていることです。多くの日本のファンは日本チームの試合のチケットを購入するためにviagogoを利用していますが、グループステージでの日本以外のブラジル、ドイツ、スペインの試合のチケットも探しに来ています。」

しかし、チケットを熱心に探しているファンの方々はトーナメントチケットを購入する方法に注意する必要があります。

viagogoのスティーブ・ロエストは次のように続けます。「チケットの需要が非常に高いワールドカップのような世界的イベントにはチケットの詐欺もあります。チケットを購入する場合必ず、支払ったチケットを試合までに100%入手出来ることを保証しているプラットフォームからのみ購入するようにしてください。そうしないと、大金を払って長旅の末試合会場に到着してから、チケットが偽物だったと分かるリスクがあります。viagogoでは、チケット詐欺を実際に排除するために、買い手がイベントに行くまで売り手に支払いを行いません。買い手がチケットをイベント前に入手することを保証致します。もし問題があれば、viagogoが介入して代替チケットを見つけます(もしも、代替チケットを提供出来ない場合は全額返金)。viagogoから購入することは、確実にチケットを入手して確実にイベントに行けるということです。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング