2014 年1 月7 日(火)開校。人材サービス企業による、就業後も見据えた独自の就活塾サービス。 「ヒューマン就活塾」を開校いたします

PR TIMES / 2013年12月18日 12時4分

「就活PDCA」「応募のKPI」「就活メンタル」「アサーティブ」など独自のカリキュラムを開発

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、人材関連事業を営むヒューマンタッチ株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 齋藤 仁 以下、ヒューマンタッチ)は、2014 年1 月7 日(火)より、就活生を対象とした、就活塾を開校いたします。ヒューマン就活塾は、ヒューマングループの「教育事業」をバックボーンとして、官公庁・行政機関・自治体より受注し、運営してきた2,000 人以上の若年者への就職支援実績や人材会社として培ったノウハウをベースとして運営致します。本サービスにおいては、企業に就業してから必要となる要素もカリキュラムに加え、より実践的な就職支援活動を行って参ります。



■ヒューマン就活塾とは

ヒューマングループの人材サービス会社であるヒューマンタッチが新たにスタートをさせる就職支援サービスです。就職活動中の大学生を中心に、大学院生、短大生、卒後3年以内の既卒者を対象として、就職活動をサポートする教育サービスを提供して参ります。就職活動は”就業を果たすこと”が目標ですが、多くの学生が就活中に挫折したり、あきらめたりする現状があります。「就活」においては、“やりきる事”と、「就活」の先にある「就業」も見据えた“社会人基礎力を身につけること”が必要です。


ヒューマン就活塾では、一般的な就活対策で行う、自己分析や面接対策に加えて、「就活PDCA※」や「応募のKPI※」といった、就活をやり切るためのビジネス的な要素を取り入れた『社会人基礎力アップ』をはかる講座や、大儀見浩介講師による「スポーツメンタルトレーニング」を取り入れた就活メンタル対策、コミュニケーション方法論である「アサーティブ※」や「オーディション体験による自己表現力の強化」など『ヒューマンスキルの向上』につながる講座をラインナップしております。『社会人基礎力アップ』と『ヒューマンスキルの向上』、この2 つの要素と個別相談等のサービスを組み合わせることにより、主体的、能動的に就活が行えるよう支援を致します。
本事業では、初年度売上1,500 万円、2014 年度売上1 億円を目標としております。

※PDCA=Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務(仕事)を継続的に改善する手法。※KPI=「key Performance Indicator」の略で、目標を実現するためのプロセスをモニタリングするために設定される指標のうち、もっとも重要な指標のこと。※アサーティブ=アサーティブネスとも言われる。相手も尊重した上で、誠実に、率直に、対等に、自分の要望や意見を相手に伝えるコミュニケーションの方法論。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング