「内閣府FIRST研究成果ビジネスマッチングシンポジウム in 仙台」開催のお知らせ

PR TIMES / 2014年1月14日 9時33分

日本の電子産業、復活の狼煙(のろし)――新素材・次世代集積回路の未来戦略

皆様

平素より、大変お世話になっております。

この度、日経BPコンサルティングは、「内閣府 FIRST研究成果ビジネスマッチングシンポジウム in 仙台」を2014年1月22日(水)に、宮城県仙台市の宮城野区文化センターで開催いたします。

本シンポジウムでは、日本の電子産業の課題は何か、復活に向けての未来戦略はどうあるべきか、科学技術政策の役割は何か、などについて、産学官のリーダーが率直に意見を交わします。ぜひ会場に足を運んで、電子産業の明日をともに考え、白熱する議論を共有してください。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。




報道関係者各位
2014年1月14日

        「内閣府FIRST研究成果ビジネスマッチングシンポジウムin 仙台」
      日本の電子産業、復活の狼煙(のろし)――新素材・次世代集積回路の未来戦略
                ◇◆2014年1月22日(水)開催◆◇
       ──日本を代表する頭脳 東北大学の大野教授、江刺教授などが講演──
         総額1000億円の科学技術研究プロジェクトの成果がここに!

 日経BPコンサルティング(本社:東京、社長:戸田雅博)は1月14日、「内閣府 FIRST研究成果ビジネスマッチングシンポジウムin 仙台」を2014年1月22日(水)に、宮城県仙台市の宮城野区文化センターで開催することを発表しました。本シンポジウムは、平成25年度「最先端研究開発支援プログラム(FIRST)の公開活動」事業の一部を日経BPコンサルティングが内閣府より受託し、開催するものです。

 かつて隆盛を誇った日本の電子産業が低迷期に入って久しいものがあります。この状況から脱し、再び日本の産業の中軸産業となるには、新材料や集積回路技術でイノベーションを起こし、電子技術の新世紀を拓くしか道はありません。そこで鍵となるのが、最先端の科学技術研究の実用化戦略であり、産業応用への道筋です。

 本シンポジウムでは、FIRSTの中心研究者と産業界のリーダー、政策リーダーが一堂に会し、FIRSTの研究成果をいかに社会価値の創造に結び付けるか、いかに新産業の創出につなげるかについて考えます。日本の電子産業の課題は何か、復活に向けての未来戦略はどうあるべきか、科学技術政策の役割は何か、などについて、産学官のリーダーが率直に意見を交わします。電子産業に関わるすべての人にとって、研究開発の指針、あるいは事業革新のヒントを発見できる会議になることを願っています。ぜひ会場に足を運んで、電子産業の明日をともに考え、白熱する議論を共有してください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング