”TOKYO JEWELLERY GIFT” シンガポール伊勢丹初出店、6日間のイベントで10万シンガポールドルを超える売上を記録!

PR TIMES / 2014年1月14日 9時33分

Made in Tokyoのジュエリーでシンガポール進出を行っている”TOKYO JEWELLERY GIFT”が、クリスマスギフトをテーマに行った初めてのイベントが大盛況に

東京のジュエリーメーカー二社、株式会社フジモリと株式会社梶田が、2013年12月6日から11日に、シンガポール伊勢丹スコッツ店(Isetan Singapore Scott)の、一階エントランススペースにて共同開催した、東京発に特化したジュエリーを販売するポップアップショップ、『TOKYO Jewellery Gift』が大盛況のうちに終了した。



株式会社フジモリ(代表 藤森隆・世田谷区・非上場)と株式会社梶田(代表 梶田行雄・台東区・非上場)が、2013年12月6日から11日にシンガポール伊勢丹スコッツ店(Isetan Singapore Scott)一階のエントランススペースにて共同開催した、東京発に特化したジュエリーを販売するポップアップショップ、『TOKYO Jewellery Gift』が大盛況のうちに終了した。
『TOKYO Jewellery Gift』は、メイド・イン・トーキョーの個性あふれるジュエリーの数々をシンガポールにて紹介するプロモーションイベント。クリスマスギフト需要とも相まって、20カ国以上、のべ80数組のお客様に対して10万シンガポール・ドル(*約800万円、付加価値税込)の売上を記録した。中には1万シンガポール・ドル(約80万円)を超える高額品も含まれていた。

今回の成果について、同イベントの企画・主催を手がける株式会社フジモリの代表取締役社長 藤森隆は、「シンガポールは様々な国からの旅行者、ビジネスマン、滞在者のハブとなっており、販売期間中は世界中の人と商売をしているようだった。我々のジュエリーが様々な文化的背景を持つお客様に支持されたことが何より励みになった」と、手応えを語った。

同じく共同主催者である、株式会社梶田の取締役最高執行責任者 梶田謙吾は、「今回のイベントの成功はクリエイティブ・ディレクションだと考えている。ショーウィンドウからブース、フライヤー、ギフトラッピング、Facebookに至るまで、我々の考える『Tokyo的』なビジュアルイメージを強く打ち出せた。お客様にも商品以外の接点を楽しんでいただけたのでは」と成功の要因について振り返った。

2人は、今後も株式会社フジモリと株式会社梶田の二社で、継続的にシンガポールでイベントを運営していき、「シンガポールでのメイド・イン・ジャパンジュエリーのゲートウェイになりたい」という意気込みを語っている。

2014年は、年2回のシンガポール伊勢丹でのイベント、マリーナベイサンズで行われるジュエリー見本市への出展や、オーチャード通りで行われるジュエリーショーへの出展など、年4回程度のイベント実施を予定している。


<イベントの実施風景>


写真説明:伊勢丹シンガポールスコッツ店1階の正面エントランスを入ったすぐのプロモーションスペースにて期間限定ショップとして開催

写真説明:デパート正面エントランス部分に設置したショーウィンドウは、資材を日本から運び設営。大きな集客効果を挙げた。

写真説明:クリスマスギフト期間のイベントとして実施した、「TOKYO Jewellery Gift」オリジナルのクリスマスプレゼントラッピングが、日本のらしいきめ細かいサービスと非常に好評であった。


写真説明:会場内に、東京のジュエリー工房を再現し、会場でのオーダー品の加工や、お買い上げ頂いたジュエリーへの名入れサービスを行った。

株式会社フジモリは創業1970年、伝統的な彫金技法にこだわった工房主体のジュエリーメーカー。東京・三軒茶屋にて、オーダーメイドジュエリー専門店「ADAM」、アニバーサリージュエリーブランド「MITUBACIミツバチ」を運営している。
株式会社梶田は創業1920年のカラーストーンジュエリーメーカー。東京の職人によるジュエリーを製造し、大手百貨店顧客に向けたハイジュエリーの販売や国内ブランドのOEM事業などを手掛けている。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング