コーニットデジタル社、日本市場で販売チャネルを強化

PR TIMES / 2014年1月17日 13時34分

上野山機工に加えて、アルテック株式会社が販売代理店として同社製品の取り扱いを開始

ガーメント(衣類)向けインクジェットプリンターおよびロールツーロールプリンターのリーダー企業であるコーニットデジタル社(本社:イスラエル、CEO:Ofer Ben-Zur)は、日本市場における販売チャネルを強化し、本日、産業用機械の専門商社アルテック株式会社(本社:東京都中央区入船2丁目1番1号、代表取締役社長:張能徳博)が販売代理店として、コーニットデジタル社製品の取り扱いを開始したと発表しました。



これにより、コーニットデジタル社の販売体制は、長年にわたり同社製品を取り扱ってきた上野山機工株式会社(本社:京都市下京区西七条市部町9、代表取締役 上野山寛次)を加えた、2社体制となります。上野山機工株式会社は、主に西日本市場を中心に、アルテック株式会社は主に東日本市場を中心に販売を強化していく予定です。

また、コーニットデジタル社は両社と共同で、1月22日から24日の間、東京ビッグサイトで開催されるファッションビジネス・ソリューション・フェア(併催: インターナショナル・ファッション・フェア)に出展します。1月22日の午後4時30分から、「コーニットデジタル NeoPigment(TM)ソリューション(環境に優しいプリンターソリューションの新しい形)」と題した技術セミナーを開催するほか、新製品のロールツーロールプリンター「Kornit Allegro」(コーニット アレグロ)でプリントした生地サンプルを出展します(上野山機工株式会社: ブース番号「FB-502」)。また、産業用プリンター「Kornit Breeze」(コーニット ブリーズ)の展示も行います(アルテック株式会社: ブース番号「FB-702」)。

コーニットデジタル社の日本市場担当セールスマネージャの殿岡敬久(とのおか たかひさ)は以下の通り述べています。「上野山機工社に加えて、アルテック社が販売代理店となることで、日本市場をくまなくカバーできるようになります。従来のスクリーン印刷を行っている企業をはじめ、最近では、Tシャツなどに顧客の好きな絵柄をプリントしてオンライン販売を行うEコマース事業者も増えており、日本はガーメント(衣類)のデジタルプリントにとって非常に潜在性の高い市場です。両社と協力しながら、顧客ニーズの把握、サービスの向上、製品プロモーションの推進を行い、日本市場におけるデジタルプリントビジネスが拡大すると確信しています。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング