【飛び級を可能にした新しい就活スタイル誕生!】ワイルドカード株式会社が、就活生向けスカウトプラットフォーム「WILDCARD」を提供開始

PR TIMES / 2014年1月27日 15時25分

エントリーなんて時代遅れ。突出したスキルで特別内定。時間とお金の無駄を一掃したスカウト型サービス誕生。



ワイルドカード株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:小山竜男、以下ワイルドカード)は、2014年1月27日、WEBサービスとして就活生向けスカウトプラットフォーム「WILDCARD」の提供を開始したことを発表致します。


「WILDCARD」は、就活に飛び級をもたらすスカウト型就活サービスです。ITスキル、企画スキル、語学スキルなど、企業にとって価値をもたらすスキルと功績を「WILDCARD」に登録することで、学生に魅力を感じた企業から面談依頼の “逆エントリー” が届きます。学生はそのオファーを読んで面談に参加するかどうか決めるだけ。これまでの努力の結晶を利用して就活の無駄を省き、スカウトを待つだけの新しい就活スタイルを提供します。


■「WILDCARD」の特徴


◎就活における時間とお金の無駄を一掃!

「WILDCARD」は、過去の実績や成果を登録しておくことで、企業のほうから逆エントリーが届くシステムです。パソコンやスマホでスキルや実績を登録したらあとは待っているだけ。幾度と無く繰り広げられる説明会や面接に参加する必要がないため、お金や時間の無駄を一掃できます。その空いた時間を大切な研究や学業、専門的な活動に活用することができます。


◎ある一定の基準を超えた優秀な学生に3つのバッジを付与

特定のITスキルを持つことによって得られる『ITスキルバッジ』。内定通知書を持つことによって得られる『内定バッジ』。WILDCARD内のスタッフや著名人からの推薦によって得られる『WILDCARDバッジ』。ある一定の基準を満たすことで、学生にバッジが付与されます。このバッジの数が多ければ多いほど、企業からスカウトされやすくなります。


◎選考プロセスを大幅に省略

優秀な学生の就活の無駄を省くため、できるだけ選考を短くしました。従来の就活では、エントリー・説明会・SPIなどの筆記試験・一次面接・二次面接・三次面接・最終面接というステップがありますが、「WILDCARD」を使えば、最終面接まで選考プロセスをすべて飛ばすことができます。


「WILDCARD」は、上位17%の優秀な学生のために作られました。勉学に励み、事業に励み、研究に励む。自分の未来を創るために前進し続ける学生が、時間を無駄にすることなくやるべきことに集中できるような環境づくりを目指しています。今後も学生からのフィードバックを得て、プロジェクトチーム一丸となって機能を改善していきたいと思っていますので、ぜひご期待ください。


サービス名称:『 WILDCARD 』
運営元:ワイルドカード株式会社
公式サイト:https://wdcd.jp
利用方法:サイトにて無料会員登録後に利用可能
利用料金:無料


【会社概要】

社名:ワイルドカード株式会社
URL:http://wildcd.co.jp
本社所在地:東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階
設立:2013年3月
代表取締役:小山竜男
資本金:1,000万円
事業概要:インターネットメディア運営事業・ スマートフォン向けアプリの企画・開発・運営・新卒紹介事業

【本リリースに関する取材などのお問合せ】

ワイルドカード株式会社 広報:鈴木(すずき)
TEL:03-5908-8084 wdcd@neo-career.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング