プライマル 日本企業のタイ進出支援サービスを開始

PR TIMES / 2014年1月31日 11時15分

~Vertexとの業務提携により進出支援サービスを実現 ~

 プライマル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森上隆史、以下「プライマル」)は、タイで日系企業(消費材)の事業構築支援や、メディア・コンテンツ事業展開を行っている Vertex Asia Co., Ltd.(本社:タイバンコク市、CO-CEO:Jirath Phavaravadhana、勝田隆仁、以下「Vertex」)と、業務提携を行い、日本企業のタイ進出支援サービスを開始することで合意いたしましたので、お知らせ致します。



1、業務提携の背景と目的
タイの経済は年5%と成長し、賃金上昇とともに中流階級が形成されつつあります。日本のコンテンツはもちろん、価格が高くても品質のいい日本の製品への購買意欲が高まっています。
そこで今回のVertexとの提携により、プライマルではアジア各国の進出予備調査業務である「アジアリサーチ」をさらに拡大させ、新規事業支援で培ったノウハウを生かし、日本企業のタイでの新規ビジネスニーズを掘り起こすことを目指します。

2、想定ターゲット
次のような課題を抱えるお客様をターゲットにタイ進出支援のサービスを展開致します。

新興国の中でどこの国から手をつけたらよいか、わからない。
タイを中心に検討したいが、タイの市場・業界構造を知りたい。
タイで、誰と提携してよいか、わからない。また交渉できない。
タイでの具体進出手続きがわからない。
タイでサービスを開始したが、どのようにユーザーにリーチしたらよいかわからない。

等のお客様課題を、タイ国消費材・ICT・メディア・コンテンツ分野に強いVertex社と共同で解決します。


3、サービスの特長
本サービスには、以下の特長がございます。

新事業開発/ビジネス視点でのタイ進出計画実際にタイ国でのユーザー/企業に訪問し、リアリティのある事業プランを策定します。
プランニングから、立ち上げ・拡大までを一気通貫でサポートプランニング後の会社設立から、事務所/店舗調整、現地パートナー調整、ビジネスシステム/サービスの実現、サービスの拡大を一気通貫でサポートします。
領域として、消費材・ICT・メディア・コンテンツ分野Vertex社が有するタイ国における消費材・ICT・メディア・コンテンツ分野でのアライアンスパートナーを活用することで、同分野の事業開発をより容易に、迅速に立ち上げることが可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング