バウムクーヘンを日本に伝えた「ユーハイム」 『ユーハイム×北川一成プロジェクト』を発足 新コンセプトによるブランド展開を開始

PR TIMES / 2014年1月30日 14時51分

www.juchheim.co.jp






 株式会社ユーハイム(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:河本武)は、アートディレクターの北川一成氏とコラボレートした『ユーハイム×北川一成プロジェクト』を発足し、2014年2月5日(水)より、新しいコンセプトに沿ったブランドロゴや店舗デザインを展開するとともに、2種類の新商品“究極のバウムクーヘン”を含む6種類のバウムクーヘンを販売いたします。

<『ユーハイム×北川一成プロジェクト』>
2009年に創業100周年を迎えたユーハイム。100年間受け継いできた手仕事による「まっすぐなおいしさ」を
これからの未来にも届けていくために、今回アートディレクターの北川一成氏を迎え、新たなコンセプトの開発を行いました。
テーマとなったのは、ユーハイムの持つ伝統と手仕事を大切にしてきた実直さと、これからもお客様に新しさと親しみを感じていただけるデザインの融合です。

■ ロゴデザイン
創業当時のロゴデザインを現代風にアレンジして復刻。ユーハイムのもつ、「歴史」「手仕事」「懐かしさ」などの
イメージに加え、「新しさ」も感じていただけるロゴデザインです。

■ 新店舗展開
新コンセプトを体現する新店舗デザインは、2月5日(水)より、神戸本店(オンラインショップを含む)および
松坂屋上野店で展開します。
店員のユニフォームやショッピングバッグも新しいロゴイメージに合わせて一新します。
また、新しい店舗では、ユーハイムの長い歴史の中で研ぎ澄まされた技術によって生み出された
“バウムクーヘン”を6種類ご用意し、北川氏がデザインした特別パッケージでの販売や、量り売りを行います。「抹茶のバウムクーヘン」「黒豆のバウムリンデ」の2種類は、その中でも特別なコラボレーションシリーズ“究極のバウムクーヘン”です。

<アートディレクター 北川一成氏 プロフィール>
GRAPH代表取締役
1965年兵庫県加西市生まれ。87年筑波大学卒業。
1989年GRAPH(旧:北川紙器印刷株式会社)入社。
2001年、書籍『NEW BLOOD』(六曜社)で建築・美術・デザイン・ファッションの今日を動かす20人の1人として紹介。
同年国際グラフィック連盟(世界約250名のトップデザイナーによって構成される世界最高峰のデザイン組織)の会員に選出。
2004年、フランス国立図書館に、“近年の印刷とデザインの優れた本”として多数の作品が永久保存される。
2005年、ケープタウンで開催された世界デザイン会議「DESIGN INDABA8」にてスペシャルスピーカーとして招かれる。
2008年、現代アーティストとして世界三大芸術祭「FRIEZE ART FAIR」に出品。デザインの国際コンペであるNY ADCや、D&AD Awardsの審査員を務めるなど、国内外で高い評価を受ける。
TDC賞、JAGDA新人賞、JAGDA賞など受賞多数。
2011年秋、パリのポンピドーセンターで開催される現代日本のグラフィックデザイン展の作家15人の1人として選抜される。
フジテレビのデザイン情報番組「ニューデザインパラダイス」、NHKの経済情報番組『ビジネス新伝説 ルソンの壷』、テレビ東京系列の経済情報番組『カンブリア宮殿』に出演。
著作に『変わる価値』(発行:ワークスコーポレーション)、関連書籍に『ブランドは根性』(発行:日経BP社)がある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング