人気漫画『ROOKIES』作者が描く!! 「描き下ろしイラスト」でタイガース選手とのコラボが初実現! 2/21(金)の前売チケット販売開始に合わせ続々展開予定!

PR TIMES / 2014年2月17日 17時49分

また、4/1(火)~3(木)ホーム開幕3連戦ではご来場者全員にイラストフラッグプレゼント!

阪神タイガースでは、2014年シーズンのチケット販売開始に合わせ、人気漫画『ROOKIES』の作者・森田まさのり氏を起用したキャンペーンを2014年2月21日(金)より実施します。



本キャンペーンでは、テレビドラマ化もされた漫画『ROOKIES』作者で、大のタイガースファンでもある森田まさのり氏が、「藤浪選手が155キロのストレートを投げる姿」や、「西岡選手が大舞台で魅せるバッティング姿」、そして鳥谷選手に能見選手というタイガース4選手の躍動感あふれるプレーの数々を、初めて描き下ろしています。

その描き下ろしイラストを活用し2月21日(金)からの公式戦前売チケット販売開始に合わせ、関西主要駅のジャックや大型広告の展開、関西エリアの新聞への大規模広告展開による訴求のほか、4月1日(火)、2日(水)、3日(木)に京セラドーム大阪で開催されるホーム開幕戦3連戦では、その描き下ろしイラストを使用した「ウル虎グリーンフラッグ」をご来場者全員にプレゼントいたします。4選手の描き下ろしイラストが描かれたフラッグを持って、普段より一層熱を持って観戦をお楽しみいただけます。

そして今回イラスト公開に先立ち、藤浪選手にいち早くご自身の書き下ろしイラストをご覧いただきました。イラストを見た藤浪選手は「フォームがとても似ていたので、驚きました」とコメントするとともに、「今年はこの迫力あるイラストに負けないよう、『飛躍』の一年にしたいです!」という力強く決意表明をしていました。

<キャンペーン概要>
●概要:森田まさのり氏の描き下ろしによる阪神タイガース選手のイラスト展開
●期間:2014年2月21日(金)~
●展開:駅ジャック、新聞紙面、イラスト展開 など
●登場選手:
1.藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう)/1994年4月12日生まれ/投手/背番号19
2.西岡 剛(にしおか つよし)/1984年7月27日生まれ/内野手/背番号7
3.鳥谷 敬(とりたに たかし)/1981年6月26日生まれ/内野手/背番号1
4.能見 篤史(のうみ あつし)/1979年5月28日生まれ/投手/背番号14

【森田まさのり氏プロフィール】
滋賀県出身の漫画家。「週刊少年ジャンプ」にて『ろくでなしBLUES』で連載デビュー。累計5000万部を超える大人気作となる。その後、同誌にて『ROOKIES』を連載。本作のドラマは圧倒的な支持で映画化され、2009年の年間興行収入第1位に輝く。
現在「週刊ヤングジャンプ」にて、お笑い芸人を目指す若者の生き様を描く『べしゃり暮らし』を連載中。
~森田氏と阪神タイガース~
幼いころから阪神タイガースの大ファンで、特に田淵幸一のファン。
その影響もあり、漫画『ROOKIES』には阪神タイガースに在籍する(在籍した)選手名を引用したキャラクターが多数登場している。

<藤浪選手×描き下ろしイラストが実現!>
キャンペーン展開前に、藤浪選手にご自身のイラストについて感想をいただきました。

●藤浪選手一問一答
Q:ご自身のイラストを見ていかがですか?
A:投球フォームとか、自分にとてもよく似せて描いていただいいて、驚きました。
Q:今年の目標は?
A:昨年の結果にはまだまだ満足していないので、2年目の今年は“飛躍”の1年にするとともに、この迫力あるイラストに負けないよう、チームに貢献して優勝を目指します!

●漫画家・森田まさのり氏コメント
(藤浪選手と対面して)
大きな選手だとは思っていたが、間近でお会いするとホントに大きいなぁと実感しました。今年もぜひ活躍してほしいと思います。
(タイガース選手のイラストを描き下ろしてみて)
選手のいろいろな写真を見せていただきながら書いたのですが、(裾がロングタイプの)ユニフォームの足元にゴムバンドがついていたことを初めて知ったり、各選手身につけているものにはデザインまでこだわっているのを感じました。(イラストを描くにあたっては)各選手に似せることというよりは、自分の絵の特徴もうまく出せるように描きました。

<ウル虎グリーンフラッグの概要>
●概要:2014年ホーム開幕3連戦のご来場者プレゼントとして、描き下ろし選手イラストを使用した「ウル虎グリーンフラッグ」をプレゼント。デザインは試合日毎に異なる3種類。
●日時:2014年4月1日(火)、2日(水)、3日(木)
●場所:京セラドーム大阪●対象:試合開始1時間後までにご入場の入場券をお持ちの方全員。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング