復興庁 先導モデル事業 【新しい東北】 郡山ブランド野菜PRイベント

PR TIMES / 2014年2月18日 18時8分

郡山ブランド野菜“御前人参”の甘さに子どもたちもびっくり!

「親子限定 子供達と人参収穫&料理体験」
郡山ブランド野菜“御前人参”の甘さに子どもたちもびっくり!




拝啓 時下益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

「郡山ブランド野菜協議会」は郡山の新たなブランド野菜づくりと食と地域の絆づくりを目的として、郡山農業青年会議所のメンバーが中心となり結成されました。この度、復興庁の「新しい東北」先導モデル事業の一貫として、地域野菜のおけるブランド化 の推進及びテストマーケティングとして2月15日、16日に郡山ブランド野菜PRイベントを開催致しました。

 2月15日(土)は、地元郡山の子供達に郡山ブランドを代表する「御前人参」(高カロテンで甘みの強い人参)を収穫し、食してもらう親子での人参収穫&料理体験イベントを、郡山市にある田村町 守山会館にて開催致しました。

 関東・東北地区を襲った大雪の影響で、残念ながら“御前人参”の収穫を行うことはできませんでしたが、会場内にて、ジュースづくりや料理体験イベントを実施しました。ジュースづくりでは、“御前人参”の特徴である甘みをストレートに体感することができ、子どもたちは「柿のジュースみたいに甘い!」「人参が苦手だけどこのジュースは美味しい!」と驚きの表情が印象的でした。料理体験イベントは、日本調理技術専門学校の鹿野正道先生をお招きし、『御前人参でしかできない人参のポタージュ』と『人参のサラダとキッシュロレーヌ』を作りました。鹿野先生の指示のもと、子どもたちは親子で体験できる料理教室に、大雪の寒さを感じさせない元気いっぱいの笑顔で楽しんでいました。

 本イベントには、郡山市の親子約20人が参加。イベントを通じて、御前人参のおいしさの可能性と郡山野菜のブランド化のアイディアを探ることを目的とし、御前人参の味の良さをPRいたしました。


【郡山ブランド協議会とは】
平成23年1月、「郡山ブランド野菜協議会」を発足しました。郡山野菜の風評被害克服や郡山ブランド野菜の更なる進化、食と地域の絆づくり被災地緊急支援事業を受託し実施するチームとして、あおむしくらぶ内のメンバーで結成されました。野菜のモニタリング情報の発信、新たなブランド野菜づくりなど、よりお客様とのコミュニケーションを大切に活動をすすめています。郡山ブランド野菜協議会の取組は、復興庁【新しい東北】先導モデル事業にも464件の応募の中より、選定されております。現在、和洋女子大学の協力のもと、安全、安心にプラスして、野菜の成分の可視化・データ解析などを行い、郡山野菜ブランド価値の見える化を進めております。

詳しい情報は郡山ブランド野菜協議会(あおむしくらぶ)公式HPをご覧ください。
http://aomusiclub.jpn.org/ ※詳しい当日の模様は、後日アップ予定

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング