Arbor Networksが日商エレクトロニクスと日本市場での提携を締結

PR TIMES / 2014年2月20日 16時5分

増加するDDoS脅威からビジネスを保護

Arbor Networksは、今日付けで日商エレクトロニクスと販売提携契約を締結したことを発表しました。DDoS攻撃の脅威が高まる中、両社は今回の販売提携によって、お客様のビジネスを保護するために連携します。日商エレクトロニクスは日本市場で、Arbor NetworksのPravail(R) および Peakflow(R) をDDoS攻撃および高度な脅威に対するネットワーク防御ソリューションとして販売していきます。



米国マサチューセッツ州バーリントン、2014年2月20日-DDoS攻撃および高度化する脅威から保護するための企業およびサービス・プロバイダーネットワーク向けのネットワーク・セキュリティおよびマネージメント・ソリューションを提供するArbor Networks, Inc.(本社: マサチューセッツ州バーリントン、社長: コリン・ドハーティ、以下「Arbor Networks」)は、今日付けで日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河村 八弘、以下「日商エレクトロニクス」)と販売提携契約を締結したことを発表します。DDoS攻撃はますます深刻な脅威となっています。今回の販売提携によって、同社のお客様のビジネスを高度化する脅威から守ることを両社が連携することで支援していきます。日商エレクトロニクスは日本市場で、Arbor NetworksのPravail(R) および Peakflow(R) をDDoS 攻撃および高度な脅威に対するネットワーク防御ソリューションとして販売していきます。

日商エレクトロニクスは、日本市場をリードするICTソリューション・プロバイダーであり、海外の革新的なソリューションを発掘し、日本市場で展開しています。このような先進性によって、日商エレクトロニクスはVoIPテクノロジーを活用したIPテレフォニー会社を世界に先駆けて設立しました。以来、同社は日本のネットワークおよびコンピューティング・インフラ開発を最先端で牽引しています。さらに、同社はベトナムおよびインドネシアに拠点を展開し、アジアへの高品質かつ革新的なICTソリューションを展開することに挑んでいます。

日商エレクトロニクスの常務執行役員である木部俊明氏は、今回の販売提携について次のように述べています。「われわれのお客様は、DDoS脅威に関して大きな懸念を抱え、弊社に問い合わせてきています。この件数は増加の一途をたどっています。これが、弊社がArbor Networksとの連携を歓迎している理由です。世界の最大規模クラスの最も複雑なネットワークを守ってきた長年の歴史を持つDDoS対策のリーダーであるArbor Networksとの連携によって、われわれは今日提供できるベストなDDoS対策ソリューションを弊社のお客様へ提供することができます。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング