第25回トック・ドール料理コンテスト

PR TIMES / 2014年2月19日 16時30分



 ネスレ日本株式会社 ネスレプロフェショナル(ネスレプロフェショナルカンパニープレジデント 神永 勉)は、
内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会(総本部会長 宇都宮 久俊)主催の「トック・ドール料理
コンテスト」に協賛し、若手のプロ調理人の方々を応援しています。 今年で第25回目を迎え、117名が参加した各地方本部予選を経て、20名のヤングシェフ参加のもと、コンテストが行われました。

■ネスレプロフェショナルカンパニープレジデント 神永 勉 (かみなが つとむ) - 挨拶(一部抜粋)
 受賞者の皆さまに心からのお祝いを申し上げます。今日の経験は、今後の皆さまの料理人としての成功への自信につながることでしょう。
 ネスレプロフェショナルは、世界に通用する若手シェフの育成というトックドールコンテストの趣旨に賛同し、スポンサーをつとめております。ネスレプロフェショナルは業務用食品・飲料を提供して、皆さまのオリジナル料理を支える活動をしており、今回の大会でも多くの食材を提供しております。弊社の商品をお使いいただくことで、仕込み等に必要な時間や労力を削減し、その分の時間を本来、手間をかけるべき料理に回していただき、よりクオリティの高い料理を提供いただきたいと考えております。
 同時に我々はネスレにしか出来ないことで、皆さまの手助けができることは何かをいつも考えております。ネスレが目指すイノベーションの一環として、Mash Potato BarとNESCAFE Milanoも新しい価値を提案することで、皆様からのご愛顧を頂いております。
 今後もネスレは、日本の食文化を海外へ発信する「アンバサダーの役割」を果たしていきたいと考えております。
本日は本当におめでとうございました。

■第25回トック・ドール料理コンテスト概要


1.目的
この大会は、公益社団法人 全日本司厨士協会所属のヤングシェフ*の技能レベルを競うことにより、努力目標を与え調理技術の向上を図るとともに、各地の優れた食文化や地産地消を意識した地域特産食材と協賛企業の指定食材を活用して新しい料理を創造することにより、西欧各国との交流、見聞を広め、日本における西洋料理の発展および食生活の改善、進展に寄与することを目的とする。
*(第25回大会の適用ルールとして35歳以下)

2.実施機関
主催 内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会
後援 厚生労働省、外務省、農林水産省
協賛 ネスレ日本株式会社
協力 学校法人 誠心学園 東京誠心調理師専門学校

3.コンテスト開催日
2014年2月17日(月)

4.開催場所および時間
1.コンテスト (午前8時-午後3時) 学校法人誠心学園 東京誠心調理師専門学校
2.表彰式およびレセプション (午後6時-午後8時30分)品川プリンスホテル メインタワー17階 「オパール17」

■第25回トック・ドール料理コンテスト入賞者

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング