「牛肉のあっさり激辛ラーメン」4月1日 待望の復活!

PR TIMES / 2014年3月31日 9時33分

幻の黄金粉(ゴールデンパウダー)で透き通ったスープなのに激辛

 株式会社ホイッスル三好(本社:東京都杉並区 代表取締役社長:三好比呂己)が運営する「中国ラーメン専門店揚州商人」では2014年4月1日から「牛肉のあっさり激辛ラーメン」、小皿料理:「バンバンジー」、「エビチリ」、「蒸し豚の冷製」、「海老のマヨネーズソース」、「豚挽き肉ともやしの辛味炒め」を新たな店頭メニューとして追加致します。




                「牛肉のあっさり激辛ラーメン」910円(税込)

 辛いといえば唐辛子の赤か青をイメージされると思いますが、このラーメンのスープは見た目は普通のあっさり塩ラーメン。 しかし、食べると激辛。しかも、普通、3倍、5倍よりお好み辛さが選べます(5倍は相当な覚悟が必要、来たれ辛みファン!)。この辛さにぴったり合うのが”やわらか牛肉”。
透き通ったスープなのになぜ激辛なのか!?それは幻の黄金粉(ゴールデンパウダー)を使った揚州商人の魔術。
 1年程前に一度店頭販売。辛みファンの舌をがっちり捉えたが、普通の舌には少し刺激が強すぎ販売を中止したといういわくつき。今回は辛みファンの熱烈なリクエストが後押しし待望の復活。この辛みファンの中に人気テニス漫画の先生がいらっしゃってその先生がご自身のツイッターで「牛肉のあっさり激辛ラーメン」の復活を切望されたという事実も。

◆「黄金粉(ゴールデンパウダー)」とは◆


 激辛の黄色い唐辛子で、黄色の色から激辛をイメージされにくい唐辛子ですが、辛さはホンモノ超激辛。日本一の辛さと言われており、辛すぎて購入者が少ない為、作付する生産者も限られていて希少価値が高い。


★★★揚州商人ならではの素材、味に拘った本格中国料理ならではの小皿料理を5種類追加★★★


バンバンジー(税込390円)
ゴマの旨味口いっぱいに広がる特製ピリ辛ゴマタレと、裂いた蒸し鶏の相性は抜群!中国料理の定番の前菜。


エビチリ(税込530円)
エビの風味が漂う旨みチリソースがたまらない!衣付エビにたっぷり絡まる。ぷりっぷりの食感がたまらない。


蒸し豚の冷製(税込390円)
薄切りの蒸し豚肉に、独特の甘い中国テイストソースが掛かった、サッパリとした一品。レタスにもよく合う。


海老のマヨネーズソース(税込530円)
まろやかな特製マヨネーズソースの中には、衣付のぷりぷりのエビがゴロゴロと!ご飯ともよく合います。


豚挽き肉ともやしの辛味炒め(税込290円)
甘辛い香辛料が香る一品。もやしの食感が楽しい。ご飯のおかずにもお酒のおつまみにもバッチリ!


<本件に関するお問い合わせ>
株式会社ホイッスル三好 広報 斉藤(サイトウ)
TEL03-5376-0469 saito-h@whistle-miyoshi.co.jp
広報事務局(株)TAMAYO 川村(カワムラ)、佐藤(サトウ)
TEL03-5537-5195 pr-whistle.miyoshi@e-tamayo.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング