女性の7割以上が、乾燥しているのにニキビができる「乾燥ニキビ」を経験

PR TIMES / 2014年4月8日 17時52分

春でも乾燥対策を怠らず、保湿を心がけたスキンケアを。

株式会社ウテナ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:岩倉具房)は、新生活がはじまり、肌トラブルが増加する季節の変わり目を迎えるのに合わせ、25歳から34歳の全国の女性に対して肌悩みに関する調査を実施し、調査結果を公開いたしました。

・調査概要
調査方法:WEBモニターによるアンケート
調査対象:現在肌悩みがある、コスメに関心が高い25-34歳の女性
調査時期:2014年3月1日(土)~3月2日(日)
サンプル数:合計521名



◆新生活スタート!初対面の女性の気になる点1位「肌のきれいさ」
 しかし実態は・・・今の素肌は100点満点中 平均52.98点

「あなたは、初対面の女性と会ったとき、どこを気にしますか。」(n=521)という質問では、「肌のきれいさ(80.8%)」、「ファッション(76.2%)」、「体型(63.3%)」となりました。一方で、「今のあなたの顔の肌の状態を点数化するとしたら100点中、何点ぐらいだと思いますか。」(n=521)という質問では、平均52.98点という結果になりました。人と接する上で“肌の美しさ”は重視するポイントであり、実際に自分の肌に対して悩みを抱えている人が多く存在していることが分かりました。


◆乾燥しているのにニキビができる、『乾燥ニキビ』経験者は女性の7割
 9割の人が以前よりも肌の乾燥を感じ、最も乾燥している部位は「ほほ」。
 乾燥の原因は近年の自然の気候や天候などの自然環境の変化と感じる人が9割。

肌トラブルのなかでも、乾燥しているのに二キビができる、『乾燥ニキビ』になったことがある人は71.8%いました。また「最近、以前よりも「肌」が乾燥するようになったと思いますか。」(n=521)という質問では、90.9%の人が「そう思う」「ややそう思う」と回答しました。最も乾燥している部位は「ほほ(57.8%)」で、「肌が乾燥すると感じるのは、自然の気候や天候などの環境の変化が大きく影響していると思いますか。」という質問に対し90.5%の人が思うと回答しました。

大多数の方が気候や天候などの環境の変化から以前よりも乾燥を実感しており、乾燥しているのにニキビができるという肌トラブルの経験が多いことが分かりました。


◆お肌の曲がり角年齢 平均26.4歳
 お肌の曲がり角を迎えてから生活の中で実践したこと1位スキンケア商品を変える

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング