イーフロー、新型のHDMIドングル型スマートスティック「donglee」を7月上旬に発売

PR TIMES / 2014年6月16日 14時19分

~デュアルコアCPUの搭載でリッチなコンテンツの配信に対応~

株式会社イーフロー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:四ノ宮 力 以下、イーフロー)はKaonmedia Co, Ltd.(本社:韓国ギョンギ道、CEO:Lim Hwa-Seop 以下KAON)並びに、FromOrient Korea Co.,Ltd(本社:韓国ソウル市、代表取締役:魏昊權(Wi Ho-Kwon) 以下FOK)の3社で共同開発したHDMIドングル型スマートスティック「donglee」のデュアルCPU搭載モデルを7月上旬に発売する事を発表しました。なお、「donglee」を6月17日~20日に、シンガポールで行われる「Communic Asia 2014」のKAONブース(1M3-01, Level1, Marina Bay Sands, Singapore)にて展示致します。



イーフローが2013年2月に発売した、初代のHDMIドングル型スマートスティック「donglee」は、省電力でリッチなコンテンツの表示が可能な点が評価されておりましたが、CPUはシングルコアであり、フルサイズのHD映像などCPUパワーを使うコンテンツには対応出来ておりませんでした。

今回発売される新型「donglee」では、FOKのコーディネートのもと、全体の製造工程並びに仕様を見直し、CPUにデュアルコアのARM Coretex A9プロセッサを採用しハードウェアのスペックを上げると共に、STB(セットトップボックス)分野で高い実績を誇るKAONのノウハウを活かし、フルサイズのHD映像の再生をはじめ、従来機よりもリッチなコンテンツの表示が可能になりました。また、本体のデザインにはスタイリッシュなラウンドフォルムを採用。デザイン性の高いTVと組み合わせてもうまくマッチします。もちろん、従来機でも評価を頂いていたTVの付属リモコンでの操作など、基本機能は踏襲し、キャリア品質を実現しております。

イーフローでは7月上旬より、この新型「donglee」の出荷を開始し、様々な用途に展開して参ります。

■「donglee」基本仕様
CPU :ARM Coretex A9(850MHz)
メモリ:1024MB
ストレージ:4GB
テレビ出力:HDMI 1.4 (解像度 : 1080p/i, 720p, 480i)
ネットワーク:WiFi 802.11 b/g/n、Bluetooth(オプション)
USB:USB 2.0
LED:Indication Bi-Color LED
サイズ:長さ72mm x 幅26mm x 高さ13.5mm
重量:約30g
電源:USB 5V 600mA
動作環境:温度:5 ~ 35 ℃

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング