「正しく怪我をしないエクササイズが行われているか」をその場で教えてくれるスマホ連動型エクササイズ測定機器「GYMWATCH」、クラウドファンディングサイトにて出資金募集中

PR TIMES / 2014年4月23日 11時23分

~あらゆるエクササイズの力と動きを記録する測定機器として特許取得済み~

ドイツ・ダルムシュタットの会社GYMWATCHは、エクササイズ測定機器「GYMWATCH」の製品化に向けて、現在、クラウドファンディングによる資金提供を呼び掛けており、締め切りまで1か月となったことをお知らせします。



ドイツ・ダルムシュタットの会社GYMWATCH(読み方:ジムウォッチ、本社:ダルムシュタット、共同創設者兼CEO ファビアン・バルケ、以下GYMWATCH社)は、エクササイズ測定機器「GYMWATCH」の製品化に向けて、現在、クラウドファンディングによる資金提供を呼び掛けており、締め切りまで1か月となったことをお知らせします。資金提供は、クラウドファンディングサイト「Indiegogo.com」(日英独語併記サイト: https://www.indiegogo.com/projects/gymwatch-wearable-fitness-tracker-that-measures-strength-motion#home)上にて米国時間2014年5月23日まで受け付けており、最終的に85,000米ドル(約870万円)の調達を目指しています。

■ GYMWATCHについて

様々なエクササイズ時の力と動きを測定して、エクササイズが適切に行われているかのフィードバックをリアルタイムにスマートフォンに送るエクササイズ測定機器です。ユーザーはいつでもどこでも気軽に自身のエクササイズの内容や効果などを把握することが可能となります。製品の特徴は以下の通りです
ジムマシンを使ったトレーニング、フリーウエイト(バーベルやダンベルなど器具をウエイトとして使ったトレーニング)、ボディウエイト(腕立て伏せなど、自分の体重だけを負荷にして行うエクササイズ)、有酸素運動など様々なフィットネス・エクササイズ中に起こる力と動き、さらには回数を測定できる
エクササイズ時に不適切なトレーニング方法を検出し、指摘する。その結果、効率的な運動ができると共に、怪我の事前予防も可能となる
現在までのトレーニング負荷を記録し、ユーザーにとって理想的なトレーニング内容を算出する
GYMWATCH のBluetooth、Bluetooth Smart、ANT機能を利用することで、iPhoneとAndroidにダウンロードしたGYMWATCHアプリに、リアルタイムで画像や音声によるトレーニングのフィードバックを表示
パソコンに接続し、自宅や職場でも測定データやトレーニングのフィードバックを各スクリーンで閲覧可能

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング