ルクセンブルクで開催の「ICT Spring 2014」 選抜日本ベンチャー10社決定!!

PR TIMES / 2014年5月16日 15時21分

海外進出目指す日本のアプリ、デバイス等をヨーロッパに一挙紹介

ヨーロッパを目指す日本の起業家が例年参加するルクセンブルクのテック・イベント「 ICT Spring 」。
ルクセンブルク政府と主催者が提供する2014年の日本企業向け優待出展枠の10社が選抜・発表されました。7月3日・4日の両日、ブース展示とスピードピッチでヨーロッパ市場に向けて製品をアピールし、現地のICT業界関係者やスタートアップと交流します。




2014年の選抜日本企業は以下の通り。


【無料招待出展(ABC順)】

1) Beatrobo,Inc. (IT×コミュニケーション×ハードウェアサービス)
  http://corp.beatrobo.com  http://www.plugair.com

2) 株式会社ビズリーチ (インターネットサービス企画・運営) 
  http://www.bizreach.jp/ https://www.zuknow.net/

3) クラウドキャスト株式会社 (経費精算ソリューション開発) http://crowdcast.jp/

4) ユークリッドラボ株式会社(位置情報型ニュース&イベント配信・共有サービス)http://jp.euclidlabs.net

5) 株式会社Gunosy (情報・コンテンツ配信サービス) http://gunosy.co.jp/

6) 株式会社サンワハイテック (電動モビリティー開発)http://www.sanwa-hitech.com/
  STAViサイト http://f-cite.com/


【特別優待出展(ABC順)】

7) Emotional Brains株式会社
 (イラストをフィギュアにするワンストップ型クラウド・ファンディング・サービス)http://okuyuki.jp

8) 株式会社マイカレッド (クラウドサービス開発) http://overtheair.me/ja/

9) 株式会社Moff (ウェアラブルなスマートおもちゃ開発) http://www.moff.mobi/

10) 八楽株式会社 (ウェブサイト翻訳ツール開発)http://www.worldjumper.com/


【昨年に続く再出展】

11) ChatWork株式会社 (クラウド型ビジネスチャットツール開発)http://www.chatwork.com/ja/


「 ICT Spring 」は5年前にルクセンブルクでスタート、世界60か国から3000人超のIT関係者が集まるイベントへと急成長したヨーロッパで注目のテック・イベントです。同イベントはルクセンブルク経済通商省、並びに東京のルクセンブルク貿易投資事務所と協力し、日本企業向け特別プログラムを提供しています。今年は無料・優待ブース合計10社分の日本企業出展枠を設け参加を募りました。欧州のテックイベントの中で最も日本企業に開かれているこの「 ICT Spring 」には、2012年5社、2013年8社のスタートアップが日本から出展し、その後ヨーロッパ市場進出の足掛かりとしています。実際に昨年出展のSKEED(高速データ通信技術)ならびにChatWork(クラウド型ビジネスチャットツール)がその後ルクセンブルクに拠点を設置し事業展開中です。基調講演にも一昨年は楽天の三木谷社長、昨年はALEX社長で前グーグル株式会社社長の辻野氏が登壇し日本の存在感を出しています。今年は、日経BPイノベーションICT研究所主任研究員の菊池隆裕氏が日本企業らによるピッチの冒頭で日本のスタートアップシーンの紹介を行う予定です。当貿易投資事務所は、こうした活動を通じて日本のベンチャーにルクセンブルクを通じて欧州事業を展開してもらうことが狙いです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング