戸建住宅やマンションの営業をより魅力的に!短納期・低コストの写実的「3Dモデル作成サービス」を提供開始!

PR TIMES / 2014年5月22日 10時35分

写真からの3Dモデル作成技術で、速い・安い・綺麗そして軽い「3Dモデル作成サービス」を提供

計測関連事業を手がける行動ラボ株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:石川智也)は、戸建住宅やマンション等の不動産仲介業の営業に向けた、これまでにない短納期・低コストの写実的「3Dモデル作成サービス」を2014年5月から提供開始しました。「3Dモデル作成サービス」は、一般的な住宅(延床面積150m2 程度)であれば、納期1日、価格10~20万円で写真を基に作成した写実的な3Dモデルのご提供いたします。3Dモデルを戸建住宅やマンション等の不動産仲介業の営業にご活用頂くことで、不動産のネット上での内覧やバーチャル空間での自由なウォークスルーが可能となり、不動産の魅力をより印象的に顧客へ伝えることが可能となります。



「3Dモデル作成サービス」は、独立行政法人産業技術総合研究所(以下、産総研)から技術移転を受けた写真からの効率的な3Dモデル作成技術により、これまでにない短納期・低コストで3Dモデルをご提供可能になりました。この3Dモデル作成技術は、一般的なデジカメで撮影された写真から3次元情報を推定することができ、特殊な機器が必要ないため、低コストでのサービスの実現が可能です。また、3Dモデル作成対象の不動産で必要な作業は、約1時間程度の写真撮影のみのため、現場での計測作業を迅速に終えることができます。更に、3Dモデルのデータサイズは軽量のため、インターネットやスマートフォンでサービスの実現に適しています。

このサービスは、日々増加するインターネット・スマートフォンでの商取引に3Dモデルという新たな付加価値の提供により、他社との差別化やこれまでにないサービス実現を支援することを目的としています。特に不動産仲介業において、顧客はインターネットでの検索・内覧を基本としています。そのような顧客に不動産を3Dモデルで魅力的に紹介することで、不動産サービスの顧客満足度や取引の迅速化が可能となります。住宅・マンション等の不動産の売買は毎月数千件行われているとされており、行動ラボ株式会社はまずその1割の物件に対して「3Dモデル作成サービス」の適用を目指します。


3Dモデル作成サービスの特徴
・速い:驚きの短納期
 現場で必要な作業は約1時間の写真撮影のみ。
 150m2 程度の住宅・マンション:標準納期1日
 1500m2 程度の施設:標準納期5日

・安い:信じられない低価格
 産総研から技術移転を受けた3Dモデル作成技術による、モデル作成作業の効率化。
 150m2 程度の住宅・マンション:価格10~20万円
 1500m2 程度の施設:価格50万円

・綺麗:写実的な空間表現
 写真をテクスチャとした、不動産の雰囲気の伝わる3Dモデル。
 3Dモデルデータはオープンフォーマット(DAE形式)で提供。

・軽い:扱いやすいデータサイズ
 インターネットやスマートフォンでのサービスに対応可能なデータサイズ。
 150m2 程度の住宅・マンション:約20MB
 1500m2 程度の施設:約60MB

【行動ラボ株式会社 会社概要】
代表者   代表取締役社長 石川 智也
所在地   茨城県つくば市梅園1-1-1
設立    2013年4月30日
事業内容  3Dモデル作成サービス、行動計測サービス
URL     http://www.kl-3d.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング