住まいのLike!がきっと見つかる情報サイトfevecasa(フェブカーサ)とオリジナル家具を展開する(株)イデーがwebマーケット分野で業務提携

PR TIMES / 2014年5月22日 11時59分

住空間情報サイトfevecasa(フェブカーサ)  http://fevecasa.com/を運営する(株)エヌ・ディ・エヌ(東京都港区、代表取締役社長:中野聡)と (株)イデー(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:金井政明)は本日、webマーケット分野で業務提携することを発表しました。



(株)エヌ・ディ・エヌ
(株)イデー


住空間情報サイトfevecasa(フェブカーサ)  http://fevecasa.com/を運営する(株)エヌ・ディ・エヌ(東京都港区、代表取締役社長:中野聡)と (株)イデー(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:金井政明)は本日、webマーケット分野で業務提携することを発表しました。

fevecasaは建築家の作品を10,000点以上掲載しているウェブサイトで、現在約300社の建築家が登録しています。


fevecasaはユーザーが好みの住空間を実現するために、これまでの住空間を探せる機能だけでなく、「住む」に結びつく様々な製品を購入できるシステムを新たに構築しました。


まず第一弾として、洗練されたデザインの家具メーカー (株)イデーとの業務提携を行い、(株)イデーの運営する「IDEE SHOP Online」http://www.idee-online.com/shop/ と連携します。fevecasaで住空間を検索したユーザーが、オンライン上で家具が買える機能が新たに加わり、両社はユーザーの感性に基づく購買パターンを分析し、今後のサービスに活用します。


このシステムによりユーザー側は、様々な住空間の中から自分の直観にマッチした製品をオンラインで購入可能となります。

(株)イデーは、10,000以上の作品を持つ住空間情報サイトfevecasaと提携することで、写真イメージの訴求によるIDEE SHOP Onlineへの集客が可能となり、その感性に基づく購買パターンを営業・マーケティングに活用する事ができます。

fevecasaは住空間の閲覧だけでなく、住空間を構成する製品が購入可能となる事により、新たなユーザー体験を提供し、媒体としてのブランド強化が可能となります。

fevecasaは「世界の住まうに、もっとデザインを」というテーマの下、当面100,000点の住空間デザインの登録、このデザイン訴求広告システムにおける家具・建材メーカー等100社との業務提携を目指しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング